新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人的には、ビジネスのみのドライな出張が減って、出張後に休暇も取るワーケーションが増えるかも、と思っています。あと、ネットワーキングが大事なときは出張ですかね。
今まで移動しすぎていたことに、みんな気がつきましたよね!
出張に対する考え方は大きく変わるでしょうね。

今日打ち合わせした人も
名古屋→京都→北海道→東京→東京リアル
ですからね。。
移動しなくても打ち合わせはできますね。。
色んな業界や地方自治体が変わらなければいけないでしょう。
出張全体の3分の1以上が消える可能性がある…というのはなかなか衝撃的な数字。私たちが新型コロナウイルスを克服したとしても生活様式がすっかり元通りになるとは考えにくい。出張においても対面の価値、リモートの価値を考えながら使い分けていくのでしょうね。
ニューノーマルな時代における出張のあり方が変わりましたね。出張できない難しさはあれど、リモートにて皆で参加できる場があることで、北海道の方と打ち合わせした後にはすぐに沖縄の方と打ち合わせできますので、一日にさまざまな方とお話しできるメリットに気付きました。これが移動していたら、何分の一の数しか出来なかったことでしょう。グローバル会議も同様です。
研修などもさまざまな国の方と会える機会も全て出張ではなくともリモートでできてしまうことに気づきます。アフターコロナの時代には、これまで全て出張だったものは、見直されリモートで可能になるものとに見極めが入ると予想されます。

が、一方でやっぱり直接お客様にお会いしたい、会議の時間だけでなく人と人とかお会いすることでうまれるものがあり、メンバーの方と直接研修の場の後に懇親することで得られる人と人との時間、こういったものはやはり大切です。
出張で得られる良さは多々ありますから、コロナ後も様々な方と直接お会いしたいですね。
ウェブ会議の普及により、関係者のスケジュール調整がしやすくなり、以前より会議を前倒しできるようになった点が最大の利点だと感じています。

プロジェクトが成就した暁には、対面でお酒でも酌み交わしたいなと思いますが、リモートでも変わらず信頼関係は築けますね。
個人的には数分の1以下に減らしたいと感じている。最大の理由は健康面。長時間フライト利用するとその前後の日含めてエクササイズ出来ない上に飲み食いばかりするので、コロナで出張無くなって自分含めて2桁体重減ったという起業家・投資家が周りで多い
コロナが落ち着き、以前に近い状況になったら、出張がなくなるのかどうか。
現時点で様々な見方があるようです。
出張による経済効果はとても大きいですし、飛行機や新幹線の利用にも大きく関わってきますね。

出張せずとも目的が果たせると多くの人が実感できていることでしょうから、コロナ前と同じようにはならないように個人的には思います。
まぁ簡易な打ち合わせや営業のための無駄な出張は減るでしょうね。

業績