新着Pick
223Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
音声の独自コンテンツを買いにいった買収ですかね。
映像コンテンツはNetflixやディズニーがIPをもっていて優位に立たれているなかで、アレクサという音声端末・サービスもあるので音声領域のNO.1を取りにいこうとしているのではないでしょうか。
日本でどれだけ使われるかは疑問。音声メディアであるラジオは、日本は欧米に比べて聴取率が非常に低く(十分の一程度)、音声メディアのニーズは低いと言わざるを得ません。しかしradicoが誕生し、新たなユーザーは増えているそうです。
このradicoが充実してきたせいか、ポッドキャストでコンテンツを提供していたラジオ局がサービスから撤退する動きもあり、Amazonがコンテンツを充実したさせるには、Amazonプライムビデオのように、カネをジャブジャブ注ぎ込んで確保しなければならないでしょうね。
日本でタイムマシン経営が有効ではない分野の一つが音声メディアです。ラジオの聴取率が極端にアメリカと比べて低いために、日本でラジオ広告というジャンルはかなりマイナー。よつて音声メディアの潜在市場も小さい
個人的にはradikoもvoicyもpodcastもかなりのヘビーユーザーです。ランニング、ウォーキング、通勤の駅までの徒歩、など他に何もしようのない時間は耳だけが頼り。潜在市場が小さければ参入も少ないので、コンテンツが貧弱なんです
音声コンテンツとAmazon相性よさそう。
音声からの購入導線あったらおもしろそう!
ポッドキャストは現在、Apple、Spotifyの二強であると言っても過言ではないと思います。アマゾンやグーグルもここに力を入れてきているのは間違いなく、アメリカではスマートスピーカーでシェアの高いこの二社が音声コンテンツを充実させるために投資を強化していくことは不思議でなはいと思います。
日本では、ピンとこない記事でしょうね。

Podcastは、米国では重要な収益獲得モデルのひとつです。

amazonのコンテンツビジネスの配信プラットフォームとして活用することが狙いでしょう。

本の朗読コンテンツ(audible)を配信するためには、またとないプラットフォームです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
174 兆円

業績