新着Pick
51Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
背景としては、仮に感染していた場合の感染伝播のリスクは4-7日目で最も高くなること、検査感度は不十分であるものの検査の確認により一定の確率で感染伝播リスクの高い感染者を捕捉できること、検疫期間が14日と長期にわたることで検疫の遵守率が低下しており、その短縮によって遵守率の向上が期待されること、などの総合判断によると考えられます。

なお、この記事で言及している「自主隔離」には本来「検疫」という言葉が用いられるべきだと思います。

「隔離」は有症状者や感染者が行うもの、「検疫」は濃厚接触者が行うもので、この二つは明確に区別されなければなりません。
これは朗報

CDCはコロナ濃厚接触者の自主隔離を、従来推奨していた14日間から検査を受けていない場合で10日間、検査で陰性反応が出た場合で7日間に短縮すると発表。新型コロナ感染者の隔離期間は引き続き14日間を推奨するとした。
新型コロナ感染者の隔離期間は引き続き14日間を推奨するとのことですが、感染者と接触した後の自主隔離期間については少し短縮するとのこと