新着Pick
776Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちょっとYes and Noな印象。

内容はその通りなのでYesだが、それを言うならインテルも他のチップ屋もソフトウェア開発や顧客との共同開発は大なり小なりやっているし、更に言えば逆にここに書いてあるテスラのみならずGAFAもアリババも自社チップ開発に勤しんでいる、つまりAI時代における業際メルトダウンなバトルロワイヤルはエヌビディアのみに特筆すべき特長ではないという意味で、No。

もう一つ。エヌビディアの自動車セグメントはどちらかというと苦戦しています。https://newspicks.com/news/5401484?ref=user_143212
新規事業として長く取り組んでいるが売上貢献は直近クオーターでたった3%弱。過去2年全く増えて無くむしろ減っている。
インテルが買収したモービルアイを含めた上述の業際メルトダウンバトルロワイヤル競争環境のわりに結局のところメディアが喧伝するほどには自動運転市場がテイクオフしていないなか、少なくとも業績的に善戦はしていない事は数字で明らか。

エヌビディアにとって自動車部門は引き続き先行投資R&Dであり、この会社はデータセンターでありゲームの会社、が正しい認知です。
AI分析に強いGPUを設計しているエヌビディアは、GAFAやテスラなどが内製をすることで煽りを受ける企業の1社です。それに対してエヌビディアは自らソフト側を取りにいくという攻めの戦略に出ています。

ソフトを作る企業がハードへ、そしてハードを作る企業がソフトへ。それが交差するのが自動運転であり、その点で非常に面白い争いが繰り広げられています。本日はテスラの記事と併せて、その一端をご紹介します。2本あわせてご一読ください。
NVIDIAは半導体業界の今や老舗企業の一社です。1993年創業。必ずしも順風満帆ではありませんでした。それは株価推移を見ても明らかです。

1999年 $1.5-2程度
2003年 $3.5-4程度
2010年 $10程度
2015年 $20程度
足元 $550程度

20年前は単なる半導体の一社に過ぎませんでしたが、2010年ごろになるとゲームを中心とした3Dレンダリングなどリッチゲームが出てくるようになり、CPU処理能力の大きな向上が必要になりました。ここでGPUが登場します。2009年とか2010年の頃。株価水準が一段引き上がります。

これだけでも頭ひとつ抜け始めましたが、それだけには止まらず深層学習、AIのトレンドをいち早く捉えて今の基盤を築きました。これで一気に株価が急上昇局面に入ったのです。

ゲームの時代でも半導体を単なるハードウェアの部品としてではなく、基礎的な処理基盤のソフトウェアとセットでエコシステムとして提供するようになりました。この思想がAIでも花開き、次世代の花形半導体プレーヤーに一気に名乗りをあげたというわけです。

とはいえ、NVIDIAも盤石ではなく、あまりにも市場規模が大きく、自動運転始めAIが搭載されるプロダクトの優位性を左右するため、垂直統合か水平分業かという典型的な議論が起きる業界でもあります。

自動車メーカーの再編もNVIDIAとは無縁ではありません。ただ、今のように自動車メーカーのシェアが分散している状況が続くのであれば、仮にテスラのような企業がいたとしても、NVIDIAの存在価値は高いままではないかと思います。

テスラが自動運転の実装データでこのまま圧倒的なポジションでいるなら、ソフトウェアで優位性を築く可能性もあります。イーロン・マスクはまさにそれを狙っているのでしょうが、他のメーカーもそれを黙って見ているわけではありません。各自動車メーカーとそれを含めた周辺企業の今後の打ち手から目が離せません。
NVIDIAといえば、GPUが強い半導体メーカーというイメージを持っていました。そのため、実はハードよりソフトウエアエンジニアの方が多いと聞いて、驚きました。
性能の良いハードだけがあっても意味がなく、互換性の高いソフトがあってこそパワーを発揮できる。それをワンセットで提供してもらえるのは、確かに便利です。
自動運転で各社がしのぎを削る中、NVIDIAに頼る車メーカーも増えてきています。一方で、NVIDIAを使いながら本当に他社と差別化することはできるのか。「どこを自前でやって、どこを外に頼むか」という車メーカー側の判断が今まで以上に求められそうです。
書かれている通りで、自動運転で一番多角的に連携をしているのはNvidiaだと思う。GPUというハードでの提携もあれば、NVIDIA DRIVEと組み合わせてソフトウェアまで行く場合もある。あとはトヨタはNvidiaとも提携しているが、地域単位でPony.aiやティアフォーなどとも連携して広め。
一方でデータ含めたコアを単独企業に握られる恐怖感も一定自動車メーカーにはあると思う。そのバランシングや、一社単独でやろうとしたときの難しさ、誰とどういうやり方でという他の連携オプションとの相対比較感。
イノベーションは先行した企業が捲られるのは、Yahoo→Google、MySpace→Facebookなど多く起こっている。未来はどうなるか?
この記事を読んでNVIDIAがArmを買収する意味がよくわかった気がします。Appleもそうですが、Armの設計を使った内製をはじめてM1チップを完成、そしてインテル製のスペックを大きく超えるものをリリースしました。
ひよつとしたらテスラもそうなのかもしれないし、将来自動車メーカーも独自のチップを作りたくなるのかもしれないその時に単なるチップ屋さんではドンドン内製されて離れていくかもしれない
なんか骨太の半導体特集がある意味NPらしいミーハーな内容に変わってきたな

AIの主役はいずれ汎用的なGPUではなく、各アルゴリズムに特化したASICになる。その方が効率的ですから。NVIDIAのGPUはその過渡期の繋ぎ、重要な役割ではあるが最終形の主役ではないだろう。
人類はミドルウェアという言葉を忘れたのだろうか

ちなみに「エヌビディアの自動車関連部門の売上高はここ3四半期で減少した。自動車関連の売上高が総売上高に占める割合は4%未満と、4年前の7%を下回る。」

IT大手の自動運転の夢、低速車線抜け出せず
https://newspicks.com/news/5441114
個人的には、先日発表されたAppleのM1プロセッサが台風の目になるんじゃないかと思っています。どのレビュー記事を読んでも凄まじいパフォーマンスを発揮しているので期待したいです。
時系列が分からないけど、スマートフォンでの失敗があって、でもそこに固執せず、切り替えられたから今があるのかも。
この連載について
2020年の産業界は、半導体の年だった。米中の間では、半導体をめぐって覇権争いが繰り広げられ、巨大企業の大型買収も相次いだ。しかし一方で、半導体についてしっかりと理解している人は少ない。NewsPicksが現代の必須教養である半導体を、世界一わかりやすく解説する。
NVIDIA Corporation(エヌビディアコーポレーション)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカー。コンピュータのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を開発し販売する。 ウィキペディア
時価総額
33.3 兆円

業績