新着Pick
378Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついに米国ではデジタル広告が過半に。日本でも同様のことが起こるのは時間の問題でしょうが、いつになるかというのは日本国内での広告費よりも「メディア接触時間」を見ると参考になります。

eMarkerが出した2020年4月の報告によると、日本国内のメディア接触時間(Time Spent with Media)の割合だとデジタルはまだ50%に達していない。接触時間が先に伸びてから広告費が動くので、日本では年単位でまだ先になると想定されます。(以下のリンク先のチャート部分が参考になります。)
ただ、この数ヶ月で日本でも更にデジタルシフトが加速して一気に数年分が短縮されることもあり得るので、今後発表される数字をウォッチしたいですね。

Japan Time Spent with Media 2020 - Insider Intelligence Trends, Forecasts & Statistics https://www.emarketer.com/content/japan-time-spent-with-media-2020
デジタル比率のシェアが51%になる事はただの通過点で、世界的な流れです。デジタル広告内のシェアはGoogle、FB、Amazonに寡占化されています。この3社で6割超えてます。
https://www.admarketech.com/2020/06/google-ad-revenue-drop-2020.html?m=1
さらに、驚くべき事は出稿側も寡占化されています。Google、FB、Amazon、Netflix、UberBooking.comなどのデジタル系8社で300億ドル以上のデジタルメディアに出稿見込みなんです。約3割がたったの8社です。こちらの方が個人的には凄い事だと思っています。
https://digiday.jp/agencies/groupm-sees-slower-ad-growth-2020/
これからこの傾向はますます加速するだろう。
日本も遅かれ、必ず。
反してデジタル広告に品質は玉石混交の状態。
広告団体も課題視している。
健全化と同時進行で進めていかないと。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/digiday.jp/brands/jicdaq/amp/%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAcmkkv-95a-WI7ABIA%253D%253D
英『エコノミスト』誌の2017年のアニュアルレポートには、こうある。

「グーグルとフェイスブックがテジタル広告市場の6割のシェアを持つ。新規獲得広告についてみれば、99パーセントがこの2社がとっている」

だから英『エコノミスト』は広告依存をやめ、購読料収入を第一にする戦略をとった、というロジックになっている。

デジタルでも無料広告モデルでは、プラットフォーマーに勝てない。そこだけでしか生めない価値を、デジタルで有料講読してもらうこと、そのことにしか繁栄の道はないと。
2000年初頭の時に電通のメディア研修で受けた
「冗談のような、本当になりそうな未来」
実際にそうなりましたね。

私達はあの時の未来を生きている。
まぁそうなるよね。ただデジタル広告と一言に言っても幅が広く、テレビCMのような枠のモデルだけでもないので、広告というよりはもうデジタル経済圏みたいな領域がこれからもどんどん拡大していく。
アツい。
日本でもいつか過半を越すだろうが、プラットフォームはアメリカに握られていますね。
そうなりますよね!オフラインの媒体自体もデジタル化が進んでいるのでオセロのようにシェア率が変わっていきますよね。
インターネットが50%強、TV25%、その他2割強。
日本の2019年はネット30%、TV27%、その他4割強。
その差は高齢化率とDX化率くらいに捉えて大雑把に良いと思います。ただしテレビの衰退だけは日本もアメリカに負けてない。
ますます加速するだろう。