新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
GAFAMは中期的には全面戦争ですから、山の登り方として今回のうち手をどう評価するかですね。FBの規模だと、これぐらいの投資は失敗できる範囲。インスタで当ててますから、失敗しても何度も違う登山口からチャレンジするでしょうね。
Facebookがコマースに本格的になってきた



米フェイスブックは30日、顧客サービスプラットフォームとチャットボットを手掛ける米新興カスタマー(Kustomer)を買収すると明らかにした。

 ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は先に買収協議が合意に近づいていると報じていた。

 カスタマーは2015年創業の非公開企業で、買収条件は非公表。事情に詳しい関係者によると、今回の買収条件に基づくカスタマーの評価額は10億ドル(約1040億円)余り。調査会社ピッチブックによると、約1年前に実施した資金調達ラウンドにおける評価額は7億1000万ドルだった。
Facebookはショッピング機能周りを強化している。ただ、未だに日本でカートがそのままつかないし、時間がかかる様子。
こうやってITの巨人が小さな企業を買収していくことから、米国司法省は訴訟を提起するのでしょうね。

悩ましい問題ですが、買収も(IPO同様)スタートアップのひとつのゴールだと割り切れば、巨木が小さな芽を殺してしまうことにはならないようにも思えます。
インスタとリブラを掛け合わせて、SHOP以上にSMEをエンパワーする。ということですね。グローバル展開を期待。
インスタの通販で中国企業に騙された経験があります。
もうけるためにはなんでもやる企業ですから、当然通販に乗り出すのでしょうが、怪しいものは是非、排除して欲しいものです。
その点、日本に税金を納めてないという残念はあるけれどアマゾンの通販は信頼できます。
ザッカーバーグの個性がどう反映されるのか、注目です。
日本企業の時価総額が上がらない理由の一つに、GAFAの買収対象にならないために、この手の「時間を買う」系の大型買収が起こり得ない事もあります。
WSJによると、買収するカスタマーとはすでに協業関係にあるのだそう。
【FB、顧客サービスの米新興企業買収 評価額10億ドル】
https://newspicks.com/news/5429848
昔はfacebook自体にもCRM的な機能がありましたが今はなくなったのでしょうか?
現在のfacebookはCRMの概念がないのでECを実施していくには必須機能。
ただ、SNS上で展開するECとソーシャルコマースの本質はちょっと違う気がします。
facebookの現在の機能はあくまでもSNS上で展開するECのような印象で、店舗の出店場所拡大のイメージ。
新たな売り方をできるソーシャルコマースサービスの提供を期待しています。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
98.9 兆円

業績