新着Pick
294Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まず輸出額をKPI設定するのはやめたほうがいい。結局最後は数値を達成するために現場はダンピングしまくって値崩れを引き起こす。いつもこのパターン。しっかりブランディングしてそれなりの値段で売ってる業者が割りを食う。
そして、JAとかが主体になると商社ビジネスなんで○○牛を名乗るにはJAのこの配合飼料を使えとかそういうよく分からない話になったり品質管理の面でも心許ない。
ブランドの育成には時間がかかる。
フランスやドイツのワインに等級が
有るのも同じ事だと思う。
安売りしては、ならないが、憧れも
作らなければならない。

そして、流通だけが儲かるのではなく、
生産者に正しく還元される方法も、
あわせて検討してもらいたい。
北京、上海にはそれぞれ数百以上の日本料理店がある。ほとんど毎月使っている。中には日本に負けないおいしい店もある。値段は日本よりはるかに高いが、日本料理はほんとうに人気がある。
東京電力福島発電所の原発事故さえなければ、日本の食品輸出はもっとできると思う。
原発の罪はやはり高いと感じる。
サステイナブルな食の生産と健康的な食生活のの促進が、日本の食のセールスポイントになることを期待します。
従来までの「守りの農業」から「攻めの農業」に転換することは、大いに評価すべきだと思います。

ただ、政府主導でやるべきことなのかと問われれば、いささか疑問を抱きます。

対象地域の交渉や線引という大まかなガイドラインができれば、後は機動性に勝る民間企業に委ねるべきでしょう。

もともとそういう意図であるのなら、失礼しました(汗)
5兆円でも、国土面積や人口が九州並みのオランダの輸出には全くかないませんが、少しでも近づいてもらいたいものです。
海外で生活していると日本の食材は安いと思うことが多いです。
海外でハイエンドの食材を手に入れようとすると日本の何倍もします。
日本では富裕層向けのビジネスが確立していないからかもしれません。
牛肉や日本酒をもっともっとブランディングして高額商品として海外に輸出していくと良いと思います。
石炭火力発電所と違い、誰からも文句は言われない輸出品。

“Wagyu”は、真似されるほどブランドとして通っているので、同様のブランド化お願いします。
日本の食品は世界の中でも最も安全で上質なレベルでしょう。評価も高い。

ブランド構築に投資が必要です。国がもっと補助してもいい。

同時にブランド価値が棄損しないようにルール整備や、ブランドを保証する仕組み、監視などを強化する必要がありますね。
【経済】単純に日本でつくられているものを輸出するということではなく、海外市場で売れるような「つくり方」も重要になりそう。例えば霜降り肉の和牛は海外ではなかなか売れないだろうから徹底的に赤みにこだわるとか、日本酒もワインのような華やかな香りになる吟醸酒にこだわるなど。