新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
相変わらず巷には「浅はかな意見」が多いです。ジャックマーの講演が中国政府を怒らせたとか、アメリカを意識した中国がみずからの力を誇示したとか。中国政府は、そんな意見を言う人たちほど愚かではありません。ただし、僕も眉をひそめたくなるのは、上場ぎりぎりになっての中止命令。これでは、法治国家として疑問をつけられてもやむを得ないでしょう。法治の意味とは、あらゆる個人・法人の振る舞いに対して、ルールを明文化し、誰もが、法的リスクを予知できることが最も重要です。

個人的に興味があるのは、アントが手掛けるテコの原理(金融の仕組み)が、どれだけそのリスクを無視したものか、です。上場にて外資を内に入れ、金融バネを大きく利かせることが、バブルを生むのか否か。あらたなサブプライムの発火点になるとの声も聞こえます。今の状況で、バブルが生じ、はじけ、アントが倒れる状況に陥れば、中国経済(ネット経済)は目も当てられない状態になります。それを警戒し、中国政府は問題の再整理をやろうとしているのだと思いますが、あらたに何をリスクとして判断するのか、ぜひ学んでみたいです。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績