新着Pick
453Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「アトカの投資塾」素敵なネーミングですね。
番組『Investors』では伝えきれなかったことが含まれていて、考えの整理としてとても良いです。徐さんのまとめがとても適切ですし。
良いことかどうかの価値判断はさておき、コロナ禍によって「貧富の差の拡大」という長期潮流が加速しています。
これも所謂高級ブランドにとっての追い風になっていることは間違い無いですね。
「INVESTORS」の番組に出演している私(アトカ)が、長期株式投資の専門家である奥野さんによる投資塾で学んでいます。

私自身株についてきちんと学んだことがないので、「INVESTORS」実践編のプレゼンでは様々な株を手探りで分析しており、勉強編では念入りにメモを取っています。

今回は、投資観点から見た「真のブランド企業」についての深堀り。

エルメスやティファニーといえば王道のブランドですが、ユニクロもブランド企業だということには驚きでした。
なのに、吉野家はブランド企業ではない。
なぜかと言いますと、いくつかの理由がある中の一つは、吉野家の牛丼を食べる時は吉野家というブランドにお金を払っているのではなく、吉野家で働いてらっしゃる「人」にお金を払っているからです。
今度吉野家に行く時の見方が変わりますね。
これまでは吉野家の牛丼の美味しさに気を取られていたのが、もしかすると働いてらっしゃる従業員のサービスの質の方に着眼点が行くかもしれませんね。「人」にお金を払っているので。

その他にも、ブランド企業は雇用の面でも優れていることや安い原石を磨いてバリューを出しているということなど、私も受講しながら「あっ、そうなのか。なるほどね。」という新たな気づきが多かったです。

株初心者の方々も株に馴染みのある方々も、両者にとって読み応えのあるインタビュー記事になっていますので、是非ご一読ください。
ブランドには哲学とものづくりへのこだわり(デザインも含めて)だからこそロングセラーがありアイコンができる。
ものづくり、物の価値は根幹にないと。だからこそ作り手を大切にするっことは必然ですね。 良いもの➕伝説。ブランドの物語。
大変に分かりやすく勉強になりました。ちなみに「消費財ブランドへの投資」は、実は直近の中国ベンチャー投資の大注目テーマの1つです
・Sequoiaが洗剤メーカーに投資していたり...
・先日米国上場したコスメのPerfect Diary(完美日記)
 は創業後数年で1兆円のMarket Cap

中国ベンチャー投資で消費財ブランドがホットな理由:
①下流の販売チャネル、中流のインフラ(物流/決済)が
 成熟する中、上流のブランド/IPがラストフロンティア
②米国との摩擦の中で、国民感情的にも国産ブランド嗜好
 が高まっている
③もともと生産という意味では、海外ブランド向け製造の
 蓄積がある(海外向けOEM → 国内向け自主ブランド)

ということで、記事で言う「生産」(と資金)は充実していますが、いわゆる欧米ブランドが得意とするような中長期的なブランド作りを、中国ベンチャーがどこまで出来るのか、個人的にとても興味を持っています。
奥野さんと徐さんの掛け合いが面白い!ブランドとは、デザインであり、ライフスタイルであり、つまるところ「カッコいい」かどうか。今後のリーダーは、クリエイティブディレクター的なセンスがもろに問われます。生き様も言葉もファッションもカッコよくないといけませんね。
社会と経済に余裕があるうちは、ブランドは強いですね。

それがなくなってくると、厳しい状況に追い込まれると思います。

ブランドは、機能や性能とは違う軸での価値提供なので、それがないと成立しないものではないことが多いです。

ブランドを語るのであれば、私であればルイ・ヴィトンを引用すると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
高く買わせる仕組みだけでなく、そのブランドはなぜ存在し、どんな人にどのような価値をもたらすのかの理念や、結果としてどんな価値をもたらしているのかを機能的価値だけでなく意味的価値でつくれているか、も大切に。
投資初心者には必読の記事。とても分かりやすいです。

ちなみに、UNIQLO Uのデザイナーは、エルメスのデザイナーだったクリストフ・ルメールのチームが手がけています。
ファーストリテイリングもLifewearに軸足を残しながらも、トレンドを上手く取り入れてブランド力を高めている訳です。
奥野さんのブランド投資論、分かりやすかったです。