新着Pick

就活断念した元就活生ら、リクルートやAOKIに抗議の署名開始。女子学生に「美しさ」求める謎マナーの背景は

Business Insider Japan
いまだ性差別が根強い就活マナー。そもそも服装指南が「男性向け」「女性向け」の男女二元論でのみ示されるのは、多様性に欠けているのではないか? 大手就活情報サイトやスーツメーカーなどの就活産業に向け、問題提起をする署名が始まった。立ち上げたのは、自身も就活マナーに苦しみ、就活を断念した経験を持つ元就活...
243Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こういうマナーって、年々追加されていってがんじがらめになっていくんですよね。バブル期の就活生が今よりもっと自由度の高い服装だったのは周知の事実ですが、氷河期だって今よりもバリエーションは多かったですよ。色もグレーとかライン入りとかカラーシャツとかありましたし、女性のパンツスーツもありました。

さて、着物はルールが多くて「間違っていたらどうしよう」「ルールを守るためにはお金がかかりすぎる」「着物警察が怖い」といって敬遠されています。しかし、みんなが着物を着ていた時代は昔は今より貧富の差が大きく、皆が今のようなルールで着物を着こなすことは不可能だったと思われます。つまりこれも、年々ルールが増えていった最終形態なんですよね。

こういうのって売る側がルールを追加しているのだろうし、自分の頭で考えて服を選べない人が多すぎて店やマナー講師にマニュアルを求めてしまうというのもあるんでしょう。それで、特にフォーマルなシーンの服は何でもかんでも制服化するんじゃないですか? 「失礼がないように」ということだけを考えてビクビクしすぎなんですよ。

思うに、この問題の根源って、中高時代に制服を校則通り着ることに労力を費やしすぎてることなんじゃないですかね。
服装、身だしなみ、マナーを気にする学生が多いのは事実ですが、決まりは一切ありません。

リクルートスーツにしても身だしなみやマナーにしても謎慣習が多過ぎます。あまりにも統一され過ぎているので、全く記憶に残りません。就活生の無個性ぶりには、正直なところ気持ち悪さすら感じています。
社会が望んでこんな方向に導いてしまったのかもしれませんが、若者の抗議は業界だけでなく、私たちにも向けられています。

採用の決め手は職場に馴染める方か否かにあるので、職業や職場によって求められる服装や身だしなみは異なります。素の自分に合うスタイルの職業や職場を探すことが大切です。それが分からないくらい無個性な職業や職場であれば、選ぶ前に再考することをおすすめします。
弊社の場合は「自分らしい服装で」というのが面接ルール。
オンライン面接が多かった今年は自室で普段着の方も多かった。
リクルートスーツ着用の方になぜそれが自分らしいのかと聞くと「この後次の面接で」とちょっと困った感じで答えてくれる。

弊社はその方の個性がわかった方が嬉しい。最低限のTPOが自分で判断できて、自分の個性を表現できる方が画一的なリクルートスーツを着て画一化するより大切だと思う。
女性からは「かえって悩みます」という声も。正解を求めたくなるのかな。外したくない気持ちが強いみたい。男性からはそういう声が少ない。そこにも服装で判断されてきたり、あるべき姿を求められてきた女性たちの鎖があるのかも、、、とも思う。


そんな面接を経てきても入社式はリクルートスーツが大半になる。
それはなぜだろう?いつも不思議。「式典、正装」の印象があるのかも。今年はオンラインだったから色々だったけど。

これからどうなるか、この世代の価値観、楽しみ。
これには共感。

「変わるべきは、マナーを売り物にしている就活産業です。」
面接するほうからしたら、本当は好きな私服で面接に来てもらったほうが判断する情報が多いですけどね…
抗議する先を間違えてるとしか思えないのですが
コロナ禍での採用面談で、オンラインで自分の家から入るのに、リクルートスーツをきて面談に挑んだ子がいて、「おっと〜、これは」と正直びっくりしていました。基本的に、自分の頭で考えていない証拠だな、と思いました。

ここでコメントをしている方にも多くみられますが、多分、「一生リクルートスーツなんて買ったことない。あんなの着たら、平凡化するから、意味ない」っていう人は、かなりの数います。そして、そう言う人もちゃんと成功している。
その言説や経験談がきちんと表面にでてこなくて、その代わりに、商業主義に乗っ取って、同調主義の言説を強化することで収益を上げようとする企業に対して、抗議をしているのだ、と思います。

服装による表現について、もっと知識をもてば、自分の頭で考え、こんな言説に惑わされる必要もないかもしれない。
着物について言及されるピッカーの方がいましたが、着物も知識が必要な装いですが、もっと基礎教育の段階で服装や装いに関しての知識を、人々が持つことが重要なのかもしれません。
元上場企業採用責任者としてお伝えすると就活において女性の服装とかマナーとかは、ほぼ気にしていません。
マナー講師は必要以上に厳しく言っているだけで、それを真に受けた媒体やスーツ会社を訴えるのもよく考えればおかしな話です。

もっと自信をもって自分をお伝えください。
服装ルールを守らなければ採用されないのか?

服装ルールは、関連する企業がマーケティング手法として展開したものに過ぎず、言わばバレンタインやクリスマスと同じこと。
逆に、自分が希望する企業に合わせて服装を選んできました。と言うくらいマーケティング意識を見せる人が欲しい。

そういう自分で考えることをせず、他者に責任をなすりつけるような意識では、どこも採用されないと考えるべきではないだろうか。
「美しさは女性の武器である」とはココ•シャネルの有名な名言。
画一的な美しさが求められるのは間違っていると思うが、自分らしさを強調する美しさは社会に出てから立派な武器になると思う。

ここについては男性側が遅れていると感じる。美しさではないがかっこよさ、清潔感を追求するといったことは女性を見習っていくべきと思う。
株式会社AOKIホールディングス(アオキホールディングス、英:AOKI Holdings Inc.)は、紳士服の販売を主事業とする持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
621 億円

業績

株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進、ITソリューションなどのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。海外売上高比率が40%以上を超える。日経平均株価およびTOPIX Core30、JPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
7.48 兆円

業績