新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
たとえば日本も、外国人については(配偶者が日本人であるなど特別な事情がある場合に限り)渡航前72時間以内のPCR検査陰性証明書の提示を入国の条件としています。このほかにも入国前の抗原検査が行われる場合もありますし、陰性証明書その他の書式も指定のものとなっています。さらに入国後に二週間のホテルや自宅等での隔離が要請されていることは知られているとおりです。隔離が要請ベースで強制力がない以外は、厳しい入国制限を課している国ということができます。
他の国でも概ね48時間から96時間前までのPCR陰性証明や抗原検査の陰性証明を必要としている国が多く、そのほか滞在先や行動範囲などの提示をしなければならなかったり、あるいは国指定の隔離施設で二週間過ごさなければならない場合もあります。アメリカは例外的に規制が緩やかな国ですが、すでに国内で感染が広がっており水際対策にあまり意味を見出していないからということもできます。

用意しなければならない書類が煩雑であるため渡航する本人はもちろん、証明書を発行する医師や渡航書類の確認を行う航空会社、また水際を担う検疫や入国管理の担当官にとっても確認は煩雑でミスを呼びやすく、万一書類不備などということになればせっかく数万円をかけた検査費用が無駄になってしまいます。場合によっては送還措置となり何十万円もの航空券代も無駄になります。
こうした不便を解消する一つの手段としてアプリによる共通化はすでに議論の対象となっていました。コモンパスはすでに一部の航空会社や国で試験的に運用が始められており、日本でもJALやANAで実験を行うということは、すなわち日本の検疫当局として一部の国との間の情報のやりとりをこのアプリで行う用意があるということになると思われます。

陰性証明さえあれば自由に渡航して良いのかという議論はあるものの、まずはやむを得ない事情で渡航しなければならない人たちの負担をある程度解消させ、やがてワクチンが広まってからも無制限というわけにはいかないであろう部分について、このアプリを使えば便利ですよ、ということで一定の規制を課しつつもキャパシティの増大を図れることになります。
陽性者を全て見抜けない、という議論があるようだが、
現状、紙の証明書が世界中で持ち運び、検閲されていると聞いているので、
証明書が最新の陽性情報ではない、という話は証明書をデジタル化する議論とは関係ない。
そもそも証明書で良いのかから話さなければなのでは。

そして証明書方式を用いるのであれば、紙よりデジタルの方が簡単で早いのだと思われる(期待したい)。
検査した時は陰性でも、入国時は感染しているかもしれないという発想がない?

結局、検査で陰性であることを示すことが、入国や搭乗を許可した責任の転嫁の手段となっている。

感染症対策とは違う次元の経済振興対策の問題へのすり替え。
100%陰性証明はできないが、明らかな「黒」は弾けるかな。あとは常にみんなグレーであることを忘れず感染対策をすればそこそこ意味があるのかな。
円滑な搭乗手続きに寄与する仕組みですね。

気になる点は、直前の検温は継続で行うのか?また、検査結果の有効期間はどれぐらいなものかです。

検査時点では陰性判定でも、搭乗時に問題ないとは言い切れないと思います。
国際的に共通基準できるとよいですね。渡航するユーザーとしてもイメージしやすいです
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.30 兆円

業績