新着Pick
231Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウォールストリートを夢見て中国の国営銀行に入ってノルマ営業や家電!などをお客に配る営業に幻滅する、という話ですが流石に事前調査が甘すぎるのではないでしょうか?その原因は銀行を業務を細分化せずに就職をしているからではないでしょうか。
これは中国の話ですが、商業銀行が金融業界のヒエラルキーの頂点に立っているのは日本くらいのもの。高度成長が続いて資金不足が深刻だと間接金融の方が国がコントロールして資金の傾斜配分がしやすい。日本の金融業界の特異なヒエラルキーはその名残で、中国はその後を追っている。
通ったあとにはぺんぺん草も生えぬと揶揄された銀行に勤務して「ストレスが多い職場のせいか、パワハラなどの問題も多く」といった経験はあるけれど、「販売ノルマをこなすために連続4週末の休日を返上してガソリンスタンド前に立たされた」、「一日中、コップ一杯の水も飲む暇もないカウンター業務の厳しさ」、「銀行周囲の植え込みの剪定作業まで命じられる雑務の多さ」、「接待で吐くほど酒を飲まされることや、家電や酒、月餅などをもって顧客参りをする苦労、毎月のようにある昇進試験などのプレッシャー」なんてところまで酷い経験をしたことはなかったな・・・ とはいえガンバリズムの昭和の時代からゆとり重視の平成に移るころの日本となんだか似ているようで、身につまされるところはありますね。銀行という職場、流れに任せて過ごすと“城外”から遊離するけれど、本気で頑張れば“城外”で戦う力を身に付けることも可能です。伝統的な商業銀行の先行きが厳しさを増しているのは中国に限りません。どのみち見切りをつけるなら、希望を持って出られる力を先ずは身に付けるべきことは中国も日本も同じかも。その自信がないのなら、なんだかんだいっても留まるに値する職場です、たぶん (^_-)-☆
中国の銀行は、革新のない職業に成り下がってしまったようです。それに比べ、フィンテックのアントグループやテンセントのWeChat Payは好調。そこに優秀な人たちが集まっているのでしょう。

とにかく革新のスピードがちがう。わずか十数年でモバイル決済AlipayやWeChat Payを中国決済の主流に押しあげました。オンライン決済からリアル世界へ進出してからはまだ十年もたっていません。Alipayの年間取扱高は、グローバルに展開するVisaを超えています。

この間、融資や投資、保健分野でも革新的な商品をつぎつぎに開発しています。世の中を変えている。そういう企業に若者たちは憧れているのではないでしょうか。
記事にある、"映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート(The Wolf of Wall Street)』に登場するようなバンカーこそが銀行員だと思っていた"

うそでしょ?いつの時代の人よ!?って思っちゃいました (笑)
そんな中でも、20年学部卒東大生の就職先ランキングを見ると、メガバンクがワンツーフィニッシュとなってます。
ということは、第一希望ではなくて就職している学生が多いのかもしれませんね。
中国の銀行では、日常業務が忙しくノルマも厳しいのですね〜。

その上、銀行は世界的に構造不況業種になりつつあり将来性に不安があります。

辞めていく若者が増えているのは当然でしょう。

ただ、日本と違って人材の流動性の高い中国では、受け皿が広いので辞めやすいという点もあるのでしょう。

厳格な解雇規制があるために受け皿が小さい日本では、そう簡単に辞められないと思います。
若い銀行員たちは減っていく給料と、先輩行員の受ける容赦ないリストラ圧力、そして過酷なノルマや業務の多さ、パワハラやモラハラの多さに幻滅し、中国銀行業界の未来に希望が持てずに、銀行を去っていくのだった。
『銀行を辞めた若者たちはどこにいくのだろう。彼らの中には、ネット金融業界、フィンテック業界を目指す人も少なくない。』

日本ではまだそれほど動いているようには見えないけれど、そんなに遠い未来の話では無い。
こういう系の記事、元バンカーの皆さんのコメントが多い笑