新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このデータ中継衛星はLUCAS:Laser Utilizing Communication Systemと呼ばれる光衛星間通信システムを搭載している。データ中継技術衛星こだま、光衛星間通信実験衛星きらりで実証された技術を受け継いでいる。光衛星間通信も運用フェーズに入ってきた。
H-IIAの初号機打ち上げは2001年.19年かけて43号機まで到達しました.
一方,同等の打ち上げ能力を持ち,かつ部分再利用可能なSpaceX Flacon 9は2010年の1号機打ち上げから,10年経ったつい先日の11月25日に100号機の打ち上げを成功させました.
https://spaceflightnow.com/2020/11/22/spacex-going-for-new-rocket-reuse-record-on-100th-falcon-9-launch/
野口さんの打ち上げ後,2回も打ち上げています.

打ち上げ頻度の低さ.
それは原因でもあり結果でもあるのですが,日本の問題点はこれにつきます.

余談ですが,H-IIAの前のH-II(初の純国産液体ロケット)は90年代後半から2000年にかけて連続して打ち上げに失敗し,JAXAの前身のNASDAや三菱重工はボロクソに叩かれ,日本のモノづくりの失墜と言われました.今となっては思い出です.
順調に打ち上げが進んだのは何より。SpaceXが価格破壊を起こした打ち上げ市場において、こうした官需で日本のロケットを支えている。この官民の関係を維持する意味でも打ち上げ成功は商業打ち上げよりも重要になってくる。
ロケットエンジンの技術はあらゆる科学力の集大成というべきものです。

しっかりした構造力学、熱力学、流体力学などの基礎科学力の上に、高熱、高振動に耐えうる冶金技術、超高速度の空気荷重に耐える構造技術、そして軌道投入、誘導などの精密制御技術などが必要で、決して一朝一夕で実現できるものではありません。
まるで高度技術がぎっしり詰まった宝箱のようなものです。

H2A、B合わせて52回打ち上げて51回成功という実績は、まだまだ日本の技術力が健在なことを私たちに教えてくれます。

更に来年には新型の大出力エキスパンダーブリードサイクルエンジンLE9を搭載した新しいロケットH3も完成(一年遅れてはいますが)の予定です。
関係者の方々は是非頑張って日本の先端科学技術を守り、発展させていっていただきたいと思います。
素晴らしい。H2Aも抜群の安定感。有人宇宙船を乗せても大丈夫なんやないか?
さて、開発遅延中のH3がどうなるか。この辺うまく引き継げないとまた停滞することにもなりかねないので、、
トライアスロン仲間が打ち上げプロジェクトのメンバーとして種子島にずーっと詰めていたので、今回はいつもとは違う感慨に耽って見ていました。

いやー、いいお仕事しています!
お見事!!
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア