新着Pick
863Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「レアアース」というと、2010年に中国が輸出規制を行った時のおぼろげな記憶があるのみで、あまり日々意識することがありませんでした。
しかし「レアメタルの地政学」という本を読んで、今こそ理解する必要性を感じました。これからのテクノロジー(デジタル化・電動化)を実現する上で、欠かせないキーパーツであるレアアース。その多くを中国が掌握しつつあります。
米中の半導体をめぐる争いは、装置などを禁輸できるアメリカに勝算があると思いきや、「川上」の部分を忘れてはいけないと痛感しました。
「レアメタルの地政学」という本を読んで、バイデン次期大統領や菅首相などが取り組むグリーンエネルギー化も、レアメタルがなければ成立しないことがわかりました。そして、レアメタルの採掘や精錬には相当な環境負荷がかかるため、グリーン革命が地球全体で見て本当に環境保全につながるかは、精査する必要があるように思います。

中国がレアメタルの大半を握る現状は地政学的に問題とされますが、そうなっている理由の1つに先進国が「汚い部分」を押し付けてきたことがあります。フランスもレアメタルを採掘していましたが、環境保護団体などの圧力により続けられませんでした。一方、そうした汚い部分を国家繁栄のための必要悪として背負い込む部分に中国の強さと課題があるのでしょう。
今年の8月に、日本は世界で初めて海底(日本の排他的経済水域)でレアメタルの採掘に成功したと聞き、いずれは輸入に頼らなくて済むのかもと思っていましたが、そんな単純な話ではないのですね。

仮に採掘できても、精錬する部分にこれほどの課題があるとは。。。学びの多い記事です。
侮る訳ではありませんが、記事にあるほどの脅威ではありません。2010年に中国がやったレアアースの輸出規制は結果的には大失敗でした。Lynus社みたいな代替供給源だけでなく、代替材料の開発が進んだことでレアアースを使わないもしくは少量しか必要としない技術開発がかなり進展しました。実際、日本電産はレアアースを使わないモーターを開発しました。中国はそれを見て輸出規制を緩和、レアアースの値段は元に戻り、代替材料の開発機運はさほど高い訳ではないが、トヨタなんかはレアアースの使用量を極力減らしてますね。

シリコンの供給が問題って聞いたことないですね。シリコンウェハーの原料であるポリシリコンは世界的に供給過剰でこの10年で価格はダダ下がり状態です。中国メーカーがキャパを作り過ぎたのが原因。長期契約でポリシリコンを購入していたSUMCOは原料在庫を数年分持っています。
地政学的フリクションの観点が短期的には極めてクリティカルに大切な事は本稿の通りであるものの、この問題の根っこの本質はテクノロジーだろうと思います。

採掘・精製が中国だろうがどこだろうが、そもそも近隣住民が白髪だらけになるような汚染水を垂れ流しまくって便利な電子機器を作るという非常にサステイナブルじゃない産業プロセスをトランスフォーメーションしなければならない、そのためには第一に、低レアアース/メタル、脱レアアース/メタルを実現するイノベーション・技術の開発、第二に低環境汚染な抽出・精製技術の開発、第三に宇宙でしょう。バイオ技術を活用して宇宙でレアアース/メタルを抽出する取り組み等もあります。
レアメタル問題は少なくとも15年前には話題になっていて、同時から中国依存度が指摘されていました。そこで出てきたのが、既存製品からのレアメタル抽出技術やリサイクルのサプライチェーンの構築。携帯電話の買取にApple含めた各社が必死なのもそこが起点の一つだったりします。

そもそもレアメタルはレアだからこそレアメタルなのであって、サステナブルな世界の実現に向けてこのリサイクルチェーンの確立は必須だと思っています。米中摩擦ではなく、グローバルの問題としてこの問題に取り組んで欲しいなと思います。

構造が少し石油などのエネルギー問題に似ています。どれも「地球」起因の問題。


最後に、いくつかのレアメタルだけではなく幅広くカバーしており、これまた丁寧に調べていた素晴らしいと思いました。
中国の輸出規制から日立がレアアースを使用しない産業用モーターを開発し、最近では2018年2月にトヨタ自動車がレアアースの使用量を半分に減らした磁石の開発に成功。そして、政府の支援政策は、政権に関係なく一貫して推進されています(レアアース総合対策は民主党政権が立案)。

だから、日本はレアアースを大量に消費しなくても成り立つ社会を目指して邁進中、と理解してましたが、問題の根源を知る記事でした。
なるほど、トランプ政権はレアアースやレアメタルを戦略的資源と明確に位置付けたのか。しかし米国内で採掘する場合、やはり環境にかかる負荷をどうするのかが問題だろう。
EV用の電池も、まさに、これがポイントです。

コバルト、リチウム…それを押さえた人が勝ちです。

Teslaや中国では、すでに、かなり前から、そこに取り組んでいますよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません