新着Pick
703Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本語・韓国語でGT-P相当のモデルを作るというチャレンジを続けるとのこと。NAVERには検索エンジニアが多くいるので、韓国語・日本語圏内でのTechnology leaderになれる可能性はあると思います。リスクをとってでも先行して技術開発を進めていく姿勢を応援しています。

"1つは、NAVERとLINEの祖業である「検索」と深く関わる技術であることが挙げられる。
より良い検索サービスを提供するためには、「ユーザーは何を検索したいのか」という質問の意図を正確に理解し、それに合った答えを提示できる必要がある。"
LINEが「超巨大言語モデル」を開発するとリリースを発表した際、どういう意味なのかあまりよく分かりませんでした。取材してみると、今年の5月に専門家たちの間で大きな話題となった「GPT-3」というものが深く関係していることが分かりました。
- こういう感じの映画が観たいと説明すると、おすすめしてくれる
- イーロン・マスクにロケットについて教えてもらったり、シェイクスピアに戯曲の書き方を習ったりできる
- 「サイトをこんなデザインにしたい」と言葉で説明すると、そのソースコードを生成してくれる
こんな世界観を実現しうるテクノロジーだと知り、わくわくしています。今後も引き続き、追っていきたいです。
自然言語処理分野の進展が速すぎて、ついていくのが大変です!ビジネスへの活用はもちろんなのですが、これらのツールでどんな新しい学術研究ができるか、特に社会科学分野ではまだまだNLPや機械学習を活用して、社会に役立つ知見を得る可能性がたくさんあると思っています。楽しみ!!!
英語や中国に比べて、日本語はどうしても遅れがちです。LINEが日本語の言語モデルに注力するというのは素晴らしいです。特に電話応対が実現するとそのインパクトは計り知れません。

ただ、技術的にはGPT-3ですと、信頼性を必要とする現実問題に利用するのは、かなり難易度が高そうです。応答が予測しづらいですから。この辺りをうまく現実課題と折り合いをつけて実用化を目指して欲しいです。
AIの日本語対応は英語より遅れるので、人間がやる仕事もすぐには減らないかなと安心していましたが、希望的観測かもしれないと思いました。
NLPにおいて"文脈を理解するNLP”であるGoogle BertはMethodとして活用することは多々あり重宝しています。
LINE(NAVER)が考えているところの言語モデルというのは、前述の例とは違いよりターゲットを絞ったマーケットへの展開を目指しているようです。

プロトタイプなりを早く触ってみたいです。
GPT-3を存じ上げなかったのですが、凄まじいテクノロジーですね。
言葉の予測もそうですが、伝えたデザインのソースコードを生成してくれるのは驚き…。
でも、入力データを英語から日本語にしただけだと、ちょっと頭が悪そうじゃない?
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。

業績