新着Pick
182Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
実際"正式に"ハイブリッド型で働けている人はまだ少ないので、希望も含めての回答でしょう。通勤という今まで当たり前にあった(強要されていた)ものがなくなって、今までの当たり前を考え直すいいきっかけだったと思います。まだ事態は落ち着いていませんが、ここから進むのか元に戻るのか、各社の対応がこれから問われますね。
働き方を画一的に決める必要はない。

出社が在宅かという、二者択一じゃないですよね。この期間に、家での仕事環境を劇的に進化させた人は多い。

しかし、だからといって、在宅勤務100%でいいとは考えていないでしょう。リアルの価値が再認識されましたからね。

管理職が順応しにくいということは予想通りですが、それ以外は思い込みが多いというのが事実。

型にはまらない発想で、オープンな働き方をを模索しましょう。
当社の調査では、8割近い人が満足している。
一方新人教育、職場の管理には問題も多く、
One on Oneを大幅に増やして対応しているが、
マネージャーの負担は大きい。

懇親会やワークショップはやはり、オフラインの
方が良いとこもあり、不満が多い。

家族暮らしの人は良いが、上京して一人暮らし
で自宅勤務している人の孤独感が、危険である。
ここまで大規模かつグローバルなリモートワークに関する調査は初めて見ました。特に「マイノリティグループにおいてはむしろリモートワークによって組織への帰属意識が上がった」というデータが印象的。リモートワークは多様性を力に変えられる働き方と言えるのではないでしょうか。
私もハイブリッド派です。帰属意識に対する考察を興味深く読みました。
おかげさまで、Slackでも、Teamsでも、Google Meetでも、メールでも、会社でも、家でも、歩きながらでも、なんでもこいです。
記事内容には同意できる部分も多々ありますが、「ウソ・ホント」という表現はどうかと^^;
「働き方」は、その人、担当業務、職種、業種などにより、最適な形態は、さまざまです。

同じ人でも、日により、フェーズにより変わってくると思います。

大事なことは「その人にとって働きやすい」ことだけでなく「成果が最大になる」ということです。

よくありがちなのは「本人にとっては、それが心地よいが、生産性は上がっていない」というパターンで、これは避けなければいけませんよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
関連記事一覧
テキストを駆使できている? リモートワークで培うべき5つのスキル
Forbes JAPAN
60Picks

「リモートワークは難しい」という人が見落としている2つのこと - オフィスこそが生産性を下げている
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
5Picks

ウィズコロナ時代のニューノーマルとは何か? ビジネスと働き方はどう変わるのか? - CUBE MEDIA
CUBE MEDIA
5Picks

【最新版】リモートワークに役立つSaaSカオスマップ2020<利用率付>
PR TIMES
3Picks

日本MS、「リモートワーク診断」を提供 組織の課題を無料でチェック
ITmedia NEWS
3Picks

「ウソを言っている」C・ロナウドが伊スポーツ担当大臣に反論! コロナ判明後の入国方法に“規約違反”の疑い?
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

あなたは何タイプ?マイクロソフトの「リモートワーク診断」が的確
リモフリ
2Picks

大学授業 対面と遠隔「ハイブリッド型」充実を 文科省調査に学生側提案
毎日新聞
1Pick

元CAI諜報員が教える「ウソをついている人」の特徴
ndjust.in
1Pick

ツイッターで話題「週6勤務」 法的には問題ないってホント?
弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
1Pick