新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
暗殺された科学者は、イランにおける核兵器開発の責任者であった、とイスラエルのメディアは報じています。実行犯はイスラエルの政府機関と見るのが妥当でしょう。米国政府の承認は得たうえ、でしょう。
 イラン政府は、革命防衛隊司令官などが、報復の意思を表明しています。
 殺害された科学者は、日産ティアナに乗って走行中、路肩に止めてあった自動車爆弾が爆発したことで、他の6人と共に殺害されました。
 イランの(核)科学者が(おそらく全てイスラエルに)暗殺されるということは、これまでいくつも先例があります。ただし、今回は特に高い地位にあった科学者、ということになるようです。
 なお、イラン政府は、軍事用の核兵器を開発していることは、公式には否定しています。
イランの核開発阻止はイスラエルの国是のようなもので、2010年以降研究施設を狙ったハードアタックだけでなく、研究者をターゲットにしたソフトアタックも頻発しています。
2010年のコンピューターウイルス、スタックスネットを使った攻撃ではイランの8400台の遠心分離機全てが稼働不能になり、ナタンズの核研究施設でのウラン濃縮が停止。
これによりイランの核開発は2年後退したといわれてます。

一方同時期にナタンズの核研究者マスード・アリ・モハディ氏、マジト・シャフリア氏など少なくとも2名が何者かによる爆弾テロにより死亡、アッバーディ原子力庁長官も負傷する事件がありました。
関連性は不明ですが2011年にはシャリエーフ工科大学の原子力関係の学生が路上で射殺される事件も発生しています。
更に2012年1月、今度はテヘラン工科大学教授でナタンズ研究施設副所長のムスタファ・アハマディ・ロシャン氏がテヘランで自動車爆弾により暗殺されました。
いずれの犯行もイスラエルの諜報機関モサドがアメリカ、イギリスの諜報機関の支援を受けて実行したものだと考えられています。

今年に入ってからも攻撃は続き、夏頃イラン各地でテロと思われる重要施設での火災が相次ぎましたが、7月2日にはナタンズ核研究施設でも大規模な火災が発生したと伝えられています。
今回殺害された核科学者モフセン・ファクリザデ氏についてはIAEAが同氏を核兵器開発の中心人物(イランは当然否定)と指摘しており、恐らくイスラエル(そしてアメリカにとっても)最重要ターゲットだったと思われます。
最近ガザやイラクでもイラン勢力へのイスラエル軍の攻撃が頻発しており、イスラエルとの直接対決を避けてきたイランがどこまで耐えられるかが心配です。
私は諜報機関による要人の暗殺は行われるべきではないという意見です。ただ、公に認めることはありませんが、実際のところは大国の政府が使う政策メニュー選択肢の一つです。今回の暗殺はトランプ大統領がツイッターで暗に示している通り、アメリカが同意した上でイスラエルが実行した可能性が高い。イランの核開発関連施設に対しては、夏にも謎の爆発が起こったりと、サボタージュ活動が続いています。バイデンが政権に着くと融和路線に切り替える可能性があるので、それまでにできるだけイランの能力を劣化させる狙いかと思われます。
22日にイスラエルのネタニヤフ首相のプライベートジェットが、ポンペオ米国務長官とサウジのムハンマド(MbS)皇太子が会談するNEOM(サウジ紅海沿岸の新産業都市)を往復するフライトトラッキングデータが確認され、ネタニヤフ首相がこの会談に加わったのではないかとの憶測を呼んだ。

サウジ側はこれ(ネタニヤフ首相の会談参加)を否定しているが、イスラエル教育相ヨアヴ・ガランツがネタニヤフ首相の会談参加を認めたと報じられ、またイスラエルのメディアではイスラエルの諜報機関モサドのヨシ・コーヘン長官が同行したとも報じられている。

トランプ大統領は11/12に数週間以内のイランへの攻撃のオプションを検討し、結果否定されたと言われているが、周辺国による攻撃の可能性はあると言われている。

今回の攻撃に際し、どこまで事前の調整があったのか。

11/11 のIAEAの報告書で、イランは低濃度ウランの貯蔵量が2015年の核合意での上限の12倍に達したと評価した。イランはイスラム法上核兵器の開発はできないという立場であると表明している。

バイデンに政権が移行すれば、これまでの封じ込め策がひっくり返る可能性がある為、今のうちにできることをやろうとする動きが出てくる懸念があった。今回の攻撃で、イランとしてはバイデン政権になったとしても、安易な核合意復帰は政権のスタンスや国民感情的にも難しくなっただろう。なんらかの賠償を求めるなど、バイデン政権との交渉は難航化する恐れがある。

バイデンはイランに融和的な姿勢だが、その事が返って中東の不安定さをもたらすのだとすれば、なんとも皮肉な事だ。

もう一点気になるのは、暗殺手法。昨年のソレイマニ将軍の暗殺の際も車の走行中だったが、走行位置の確認と爆破のタイミングをどの様にして行なったのか。ソレイマニ氏の場合は、80年代から使われているSMSのss7プロトコルの脆弱性を使って位置特定が行われたと噂されているが、、、。
【国際】これは何が衝撃かというと、諜報機関の人間が首都のテヘランに入り込んでいるだけでなく、殺害まで実行できてしまうこと。イラン側としては防諜と警備が不十分だったということ。トランプ大統領の外交成果としてイスラエルと中東諸国の国交樹立を挙げる人は多いけど、実際には対イラン包囲網の結成であって、イスラエルとイランの関係は悪化し、戦争の可能性が高まっていると認識する方がより正確だと思う。
トランプ大統領は、イラン核施設の空爆を大統領選後に検討していたと報じられた。また、ポンぺオ国務長官は、先般イスラエルを訪問し、ゴラン高原などを視察した。この暗殺にイスラエルの部隊が関与しているとするなら、その作戦を米国も当然として了承していたとして、イランは米国にも敵意を向けるだろう。この辺の詳しい分析は、塩崎先生のコメントをお待ちしたい。
WHがコメントを控えても大統領がRTする時代。
普通に考えれば、イスラエルの情報機関であるモサドによる秘密工作の可能性が最も高いだろう。イスラエル寄りだったトランプ政権からバイデン政権に移行すれば、米国の対イラン政策が今後どうなるか不明瞭となるため、とりあえず先手を打っておいたという形になる。ただ一部報道によれば、殺害された科学者は反体制派に近かったため、イラン当局に粛清されたという情報もある。個人的には、走行中の車両を銃撃するというやり方は、モサドが取りそうな手段のような気がする。