新着Pick
1133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いよいよ最終回、今回は「上場後」にスポットライトを当てて書いています。
上場前の資本政策を考える上で、上場後の世界がどうなっているのか知っておくことは極めて有意義だと思います。まず知って欲しいのは「市場は刻一刻と変化する非常に巨大なマネーが動く世界最大のシステムの一つである」ということです。スタートアップにとっては、まさに小さなプールや池・川から、広大な海に進路を向けるようなものです。

今回、海外機関投資家という言葉が頻繁に登場しますが、彼らも一枚岩でもなく、単一のキャラクターではありません。極めて多様なアセットオーナー(ファンドへの出資者)が裏にいて、極めて多様なファンドマネジャーが多様な戦略で投資を行っています。投資する地域も、ファンドサイズも、投資する企業数も、平均的な投資期間も、株式の保有方針もまさに千差万別です。

多様な投資家とのコミュニケーションが如何に大切であり、困難を究めることであるかは、全ての上場企業で資本市場や投資家と対峙したことがある人は知っています。

既にポストIPOスタートアップとして上場している企業の名前にも触れながら、少しでも上場後の世界が身近に感じられるように記載しました。幾分正確性を欠く記載もあるとは思いますが、上場前の起業家もしくは上場して間もない経営者が上場後の世界に少し触れ、日々の資本政策や投資家との対話に活かしていただければ嬉しく思います。

最後に、一番大事なことは事業や組織そのものです。如何に持続的に社会に付加価値を提供し続けられるか、それが最も重要です。この記事では、それを「サステナビリティ」として表現しています。そのような事業を創業から磨き続けていくことが何よりも重要です。もう一つ、大事なことは「信用」です。投資家や株主、従業員など多様なステークホルダーとの対話を通じた信頼関係が構築できるかが鍵です。スタートアップという長い航海にとって、サポートしてくださる方々との信頼関係の構築は不可欠です。そのことが少しでも伝われば幸いです。

第一回:
https://newspicks.com/news/5368543

第二回:
https://newspicks.com/news/5383053

第三回:
https://newspicks.com/news/5405341
骨太の連載で大変勉強になりました。
上場前に黒字化している場合に、上場後に赤字を掘った積極的な戦略が打ちづらくなる(株主の期待値がずれてしまい株式の売却につながる)、という点は上場前後の財務戦略の一貫性や株主の期待値コントロールという点で勉強になりました。
市場・株主に対する明確なコミュニケーション・一貫性という意味では、ウォーレンバフェットのスタイルが参考になるなと改めて思いました。

https://twitter.com/syamada0/status/1320143022638559232?s=20
>ウォーレンバフェットのバークシャ帝国の作り方。
管理することよりも信頼できる人に任せきることに振り切っているカルチャーが軸にある(結果、本社はわずか20名と極めてコンパクトに)。
社員だけでなく株主も、この信頼のカルチャーに共感してくれる人のみを集める、という徹底っぷり。
今回も必読だが、
「投資家への誠実かつ説得力のある説明こそが、最大の資本政策となるのです。」ここがもっとも響いた箇所。

加えて、約束と、それを実行しきること。
その理由は、お金は臆病だから。

高い売上成長率を落とさないことが、赤字でも高い現在の時価総額の暴落を防ぐ唯一の施策。
とてもわかりやすい解説で腹落ちしました。
流動性株価という考え方は特に重要性が増しているように感じますね。投資家も上場時にVC株式比率が高い方が買いやすいという人が多い印象です。
連日の高値を更新し続ける株式市場。中でも、赤字決算のSaaS系スタートアップ企業に、数千億円の時価総額がつくケースや、黒字企業であってもPER(株価収益率)が数百倍といったケースが目立っています。なぜこれほどまでに高値が続くのか。いまの水準が崩れるシナリオがあるのか。スタートアップファイナンス解説、最終回も密度たっぷりでお届けします。
内容はともかくNPの記事としてはちょっと長過ぎるな。ポイントが散らばってしまい、せっかくの内容でも残念。

記事のコメントとしては「こういう条件さえ揃っていれば高いバリュエーションは許容される」みたいな内容になっているところが引っ掛かりますね。筆者がVC側の方であることからも鑑みると、IPOの時により高い値段で売却したい、もっと高いマルチプルがついて当然みたいな雰囲気を醸成しようという意図を感じざるを得ない。私も今年何件かIPO見てますが、ディールが煮詰まってきたところでバンカーとVCがマルチプルを引き上げようとするんですよね。こっちも時間かけて何度も会い、分析してきているのに、最終段階で売値を2-3割変えようとしやがる。そういう輩は要注意でね、バンカーもVCもこっちは覚えているよ。投資対象は日本に限らなければたっぷりあるんで、不誠実な人間とは商売しないことにしてます。スタートアップ経営者はこうしたバンカーやVCの動きには十分注意した方がいいかと。スタートアップにとってIPOは長い長いマラソンのスタート地点に過ぎないが、バンカーやVCにとってはゴールですから、インセンティブが違うんですよ
いつもながら、とてもわかりやすい解説でした。海外フィンテックには時価総額10億ドル以上のユニコーンがたくさんいます。ほとんど赤字なのになぜそんなに高い時価総額なのか。疑問に思っていましたが、このレポートでよくわかりました。株式の流動性も大切なのですね。

いまフィンテックで勢いのある領域は、B2B決済です。COVID-19パンデミックで企業間取引のデジタルトランスフォーメーションニーズが急上昇。サプライチェーンマネジメントや買掛金、売掛金の自動化などのソリューションをもつフィンテックに大量の資金が集まっています。

市場規模は決済関連だけで1.3京円、と超巨大。サステナブルで成長性は高い。これまではほとんど未踏の地でした。
超良記事。
以下引用ですがとても分かりやすいし、上場検討している起業家は頭に入れておくべきかと。

“第1に、成長ポテンシャルがあり流動性時価総額が大きな投資先が増え、マネーの供給先が増えてきたこと。
第2に、グローバルなカネ余りの中、特にスタートアップへの供給量が増え、溢れたマネーがアンダーウェイトだった日本にも少し供給されはじめたこと。
第3に、グローバルマネーの供給量に対して日本に投資対象となる企業が少な過ぎるため、一部優良企業にマネーが集中していること”

あとはどれだけ成長率を維持して中長期的に利益を最大化していけるか。
第一回から第四回まで大変読み応えのある内容。
長期的な信頼感が醸成できること。これは投資家の方との関係のみならず、社外の協力者や社会そのものに対しても重要な事だと思います。
投資家への誠実かつ説得力のある説明こそが、最大の資本政策。まさに金言です。

事例で言及されていたIPOを主幹事証券側で推進していたので、機会があればお話してみたいと思いました。
赤字上場について、東証一部でも利益基準ではなく時価総額基準を適用すれば赤字上場も形式的には認められるはずですが、実質不可能となっていて、実務はマザーズのみとなっていました。

但し、これからの証券市場改革でプレミア市場となり、明確に赤字上場が認められることになったので、大型のバイオ企業やテック企業の直プレミア市場上場が可能になりました。

ということで、これからますます赤字上場も一定数出そうですね。
この連載について
教養を身につけたいけども、忙しすぎて学ぶ時間が取れない。一方で、日々のニュースだけでは、体系的な知識を得られない──。そんなビジネスパーソンに向けて、NewsPicks編集部が月ごとにテーマを設定し、専門家による解説記事をお届けする。週末のひとときで、手軽に「新書一冊分の知識」を体得してほしい。