新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロータリーエンジンをテーマにしてルーチェロータリークーペを取り上げたのなら、搭載された13Aについてもっと書いてもいいのでは?

マツダのロータリーエンジンは10Aから13Bまでローターの偏心量(エキセントリックシャフト中心軸からローター中心の距離、レシプロで言えばストロークに当たる)を唯一の例外を除いて変更してない。
ロータリー単体の排気量変更はロータリーエンジンの幅(レシプロのボアに相当)のみ。

その唯一の例外がFFルーチェ用13Aなわけだ。

なぜ他のエンジンは偏心量を変えないのか。
偏心量を変えるという事はローター外周の軌道が変わる。
即ち超難解な設計のトロコイド曲線によるローターハウジングを新規設計しなければならない。当然製造ラインも。

なので、ココを安易に変更する事はできないのだ。

しかし、FFの超高級クーペを開発する上で、低速トルクを増やし優雅に走らせるエンジンにしたかった。
その為の挑戦である。

結果的にはあまりに高額なルーチェロータリークーペはさほど売れず、13Aは早期にお蔵入りとなってしまった。

そしてそのマツダは、今度レンジエクステンダーとして、超小型ロータリーエンジンを開発している。
当然ながらローターハウジングもローターも全てゼロからの新設計だ。

胸熱な話ではないか。