新着Pick

ソフトバンクG株が再び2000年以来の高値、時価総額も15兆円に戻す

Bloomberg.com
ソフトバンクグループ株が終値で再び20年ぶりの高値を付けた。米ウーバー・テクノロジーズなど投資先の価値が上昇傾向にあるほか、アナリストの目標株価引き上げが相次ぐなど業績の先行きに楽観的な見方が広がっている。
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国のオンライン不動産サイトのBeike(KE Holdings)も爆騰中。日本電産の永守さんもそうだけど、孫さんも粘り腰が凄いよね。懸案のスプリントTモバイルの合併もできたし、まぁARMの売却認可は取れないと思うけど。
20年前のITバブル崩壊のピークの7合目まで株価も戻ってきた。直近の米国テック株の好調もあって、第4四半期は上場株やオプションからの収益が巨額となり、日本企業で史上最大の利益を計上しそう。孫さんは相場師としてやはり超一流だ
手元キャッシュも8.3兆円あり、今の財政状態は過去に例がないほど盤石ですもんね。
直近決算より。「孫社長はソフトバンクGの株主価値が27兆円あることを踏まえ、「我々は20兆円近くアリババ株を持っているが、(アリババが主要株主の中国金融)アントが上場するのかしないのかということで1日で(アリババ株価が)10%近く動いた。1日で2兆円くらい減ったりするわけだ。でも、これから3カ月ごとに2兆~3兆円が動いても誤差のうち。これがソフトバンク(G)のニューノーマルだ」とした。」株主価値!!
ウーバーなど投資先の価値が上昇傾向にあることやアナリストの目標株価引き上げが相次いでいることなどが理由のようです。
「ソフトバンクグループ株が終値で再び20年ぶりの高値を付けた。米ウーバー・テクノロジーズなど投資先の価値が上昇傾向にあるほか、アナリストの目標株価引き上げが相次ぐなど業績の先行きに楽観的な見方が広がっている。」
やっぱり孫さんは持ってる。
ソフトバンクグループ株式会社 (英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。近年は先端IT企業などに投資するファンド等を立ち上げ、投資会社の側面が強くなっている。プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社である。 ウィキペディア
時価総額
17.8 兆円

業績