新着Pick
174Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本企業のDXが進まない理由、3段階くらいにわかれて:
1. そもそもDXとは何か、の理解が曖昧
2. DXを推進したいものの、進め方が分からない
3. 推進してみたものの、うまく進まない

1. DXとは「デジタルを活用し、ビジネスモデル自体を変革する」ものです。「ビジネスモデル」の変革なので、ターゲット顧客や、提供サービスそのもの、伴いマネタイズモデルが変わるインパクトがあるものです。
日本企業の多くは、一部の業務プロセスがデジタル化されたことをDXと考える事も多いですが、これはDigitizationであって、DXではないかと。

2. 次に、1は理解しているものの、どうやれば良いのか分からない、という段階。これは当然で、まだDXを実現したことがある企業が少ないので、うまいやり方が分からない。最近コンサルビジネスの景気が良いのは、この「DXコンサル」案件によるもので、海外の先進事例や他社での実績をメソドロジー化させて展開しているからです。
この部分は、うまく外部のコンサルなどを使って進めていけば、「設計図」は描ける領域かと思います。

3. この段階になると、課題が山積していて
【ヒト関連】
・なぜDXをすべきなのか、トップの意思・ビジョンが不明瞭
・社員のデジタルリテラシーが十分ではない
・ROIをローンチ前から厳しく求められ、PoCから前に進めない
【Digitization関連】
・いざ実行しようと思うと、現場でデジタルが進んでおらずデータを収集出来ない/レガシーシステムが足枷になる

2まではクライアントのコアチームとコンサルタントだけで、進められる部分も多いのですが、3になると一気にステークホルダーが増えますし、稟議プロセスやら、クイックに進めるために組織にも手を入れないといけなかったり。そうなるとDXはどこかの部署がやっている、ではなく、トップダウンで全社の取組みにしていかないといけないのですが、それが出来ている企業が少ない印象です。「CDO室がやってます」みたいな…

こういった「DXを進める上でのポイント」は、3年くらい前からずっと変わらないので、それは何故?(私の中では「日本企業の文化に起因」なのですが…)を解決しない限り、日本企業のDXが進むとは思えず、最近はカルチャーチェンジの方に興味が向いています。
企業のDX投資が重要、ということを理解する経営者は増えたと思うが、中でも社員のDX教育投資が重要、という認識はまだ低いのでは。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構える多国籍テクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称である。 ウィキペディア
時価総額
165 兆円

業績