新着Pick
64Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
期間が長いもののウェイトが増えたのもそうかもしれませんが中小企業向けの貸し出しが増えたということかと思います。
大企業は社債調達という代替手段もあり銀行による貸し出しは採算が低いです。
コロナ関連の緊急融資で、今年の4~9月は中小企業向け融資を中心に各行ともに貸出金額を伸ばしている。来年3月まで、民間金融機関による実質無利子・無担保融資が延長されたことで、この流れが続くのか要注目
>0.808%と8月の0.807%から小幅上昇した

上昇したといっても、本当に微々たる上昇ですね~。

先進国の中央銀行が金融緩和にカジを切っているので、大きなトレンドに変化はなさそうです。
コロナで非正規社員の割合が下がって、平均賃金に押上圧力がかかっている構図と上昇の仕組みが近いと感じました。
「都銀がコロナ関連で大企業に融資した短期の貸し出しが落ちた一方、地銀のコロナ関連融資は長期のものが多い。それが若干の金利改善につながったのではないか」
再度感染が拡大している中、大企業の新たな借り入れ需要も高まっていくのかもしれません。