新着Pick

ビットコイン一時14%急落、暗号資産軒並み安-利益確定や規制観測で

Bloomberg.com
暗号資産(仮想通貨)ビットコインが26日の取引で一時14%急落した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)発生が3月に手じまい売りを誘って以降、最も急激な下げに見舞われる営業日の一つになりそうだ。他のデジタル資産も軒並み20%余り下落した。
136Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビットコインの最高値は、2017年12月17日の222万でした。このことから、200万円を一つのターゲットだと考えて指値を入れている投資家が多くいたようです。結果として、200万円にタッチした際に売りが入って反落したのではないでしょうか。依然、ポジティブな材料が多くここ数日でネガティブな材料がでてきたわけではないので、トレンドが大きく崩れるわけではないと思いますが、既存投資家だけで上昇基調を支えられるわけではないので、ポジティブ材料をみた新規投資家がどれだけ入ってくるかが、もう1段上のレンジに抜けられるかのポイントではないでしょうか。
法定仮想通貨が発行されると、ビットコインの魅力は決済手段より価値保存の用途が中心になりますね。

やはり、魅力は半減でしょうか。ただ、金融緩和が進む中で価値が下がらない資産というのは需要があります。

同じような役割を果たすものとして、金がありますが、金は持ち運びや管理に手間がかかるため、手数料が高くなりがちです。現物資産としての安心感があるので、どちらが良いかは一概には言えませんが、人が希少性の高く綺麗なものに価値を見出したのが金で、ビットコインは金と同じ役割が期待されています。

ここから価格が上がるかは分かりませんし、ネガティブな思いもありますが、新しい技術による試みに対しては好感を持っています。
上げ下げのメカニズムが全く想像できない
直近で、かなり値をあげており、過去最高もねらえるという状況から一気に急落。
ボラが激しいのが暗号通貨
ザ・オーバーハング