新着Pick
125Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
豪飲料事業はキリンがグローバル化の一貫で1998年に1000億円出資して連結子会社化し、その後2009年に残りの株を2500億円で買い取って完全子会社化したものです。

それを409億円で売却とは、とほほ…な感じです。なぜこうも無残な結果になったのか学びとすべく共有してほしいところです。

いずれにしても失敗したとしても日本企業は海外に打って出るしかないわけですから、少なくともチャレンジを讃えたいです。
キリンは3000億円で買収した豪州事業を409億円で手放すことになりますね。一方、アサヒは今年、豪州事業を1.2兆円で買収しています。買収時点では日本勢の対決と言われましたが、状況が変わってしまいました。

キリンは17年にブラジルから撤退。これも手痛い失敗でした。ただ、昨年、米国のクラフトビール3位の買収を発表していて、海外展開の再構成を図っています。株式市場は今回の売却を好感しているそうですから、選択と集中はどんどん進めたほうがよさそうです。
日本企業の海外大型買収案件は、
成功しないケースが多すぎる印象。
ライオン事業はキリンさんが力を入れて2009年全株式買収したオーストリアの飲料事業。ミャンマーのビールは非常に素晴らしい買収でした。グローバルな統合で幾多困難を乗り越えられています。今回は中国への売却が一度決まったもののコロナ後の豪中関係悪化のあおりで苦労され現地メーカーへの売却で軟着陸です。今後新たな成長領域への投資なのでミャンマービールのような素晴らしい買収統合に期待です。
キリンは以前、本麒麟の大ヒットの際、布施孝之社長がブラジルの失敗や欧州事業の低迷などの弁明のほか、クラフトビールへの並々ならぬこだわりを語っていました。すでに米国業界上位の会社の買収も行なっています、今後の事業再編成功なるか!?
世界の飲料業界の中では日本の存在感はまだまだ小さいと、大きな野望を語っていましたのでチャレンジはまだ終わらないとポジティブに捉えたい。
M&Aは国内でも成功率低いのに。。。いわんやクロスボーダー。
選択と集中を応援します。
キリンホールディングス株式会社(英語: Kirin Holdings Company, Limited)は、飲料事業会社の麒麟麦酒株式会社を中核とする、キリングループの持株会社(ホールディングカンパニー)である。三菱グループの一員であり、三菱金曜会・三菱広報委員会の会員企業である。東京証券取引所第一部上場。日経平均株価採用銘柄。 ウィキペディア
時価総額
1.91 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン