新着Pick
287Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
子育てでも同じことがあてはまりますね。相手を褒める時にもなぜ褒めたのか理由を伝え、相手に共感を示すことで、相手が自分の何が良かったのかを認識することができます。
逆もしかりで、相手を認めているからこそ何を改善して欲しいのか正しく伝わるようにする必要があり、そこには感情的にしてしまっては、本質から離れてしまいます。
しかし、仕事の時は感情的にはなってはいけないと意識しているのに、なぜか子育てのときは、感情的になるものだなとよく思います。母親としての本能が動いてしまうからなのかなと思いつつ…やはり子の成長のためには、落ち着いて話すことが必要ですね。
ただ褒めるだけでなく、自信をつけさせてあげることが成長に繋がると考えています。
また、成長させるためには、失敗を認めてあげることも大切な要素かと思います。

なかなかこれが出来る人は多くありませんが、これが出来る上司は信頼できます。
教育や子育てにも共通する話です。
認めて共感しないと本人も期待されていることに対する当事者意識を持てません。当事者意識を育てた上で刺激できれば、その後の行動からの学びが深くなります。
学びの場を用意すること。朝のミーティングで、「残りあと3日!進捗悪いから、頑張ろう!」みたいな号令だけの上司からは学びが得られないと思う。
マッキンゼー・アンド・カンパニー(英語: McKinsey & Company, Inc.)は、シカゴ大学経営学部教授のジェームズ・O・マッキンゼーにより設立されたアメリカ合衆国に本社を置く大手コンサルティング会社。 ウィキペディア