新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本やカナダ、欧州の主要諸国などが早々にバイデンの勝利を祝福したのに対し、中国やロシア、北朝鮮、ブラジルのボルソナロなどは中々そうしようとしませんでした。どの国が民主主義的な選挙結果を尊重し、どの国がトランプの敗北を認めたくなかったのか、分かりやすいですね。中国が恐れるのはトランプの独善的な貿易戦争ではなく、アメリカを中心に主要な民主主義国家が結束を取り戻すことです。
今、言えるのは、バイデン政権の中では中米対立を継続しても
トランプさんのような無茶、不確実性はかなり減る。
地球温室化問題、関税、国際組織などの面では少なくとも交渉はできるだろう。
もちろん人権、少数民族問題などでは引き続き米国からいろいろ要望をだすだろうが、
アメリカにも人権、人種問題があり、中国より鋭くはないこともない。
全体的に見て、バイデン時代の中米関係は基本的に予測可能となり、
かなり好転すると思ってもいいだろう。
これまで外務省の発表でバイデン勝利を認めていたが、習近平の言葉として祝辞を送ったとのこと。バイデン政権も中国に厳しく対処することになるだろうが、少なくともトランプのように取り付く島のないような状況にはならないだろうから、ホッとしているところはあるだろう。
仮に新型コロナにトランプ政権を打倒する目的があったとする陰謀論を前提とすれば、中国の思惑に近い形になったと言えるかもしれません。
かなり中国首脳部も逡巡した様子が窺える。個人期にはわかり易いトランプ政権よりも、バイデン政権の方が対応が難しい気がするが。。。
バイデン時代になっても対中強硬策は変わらないと思うが、この祝電の狙いはなんだろうか。
中国の習近平国家主席が、米大統領選で当選を確実にした民主党のジョー・バイデン前副大統領に祝意を表明したと中国国営メディアが報じているそうです
トランプよりはいいのかもしれないですが、オバマの時代と異なり、米中関係は大変厳しいものがあります。中国を囲む包囲網がアメリカ、インド、日本、オーストラリアで築かれ、軍事演習も行われるなど、緊張関係は高まっています。移民に対する政策は緩和されると思いますが、知的資産、貿易に関する交渉は引き続き厳しいものが予想されるので、バイデンのこれからの外交の舵取りに注目したいと思います。
このタイミングでの祝福は、何がトリガーなのかに興味があります。
中国政府なりに、情報が交錯した選挙報道をどう分析したのでしょうか?
中国の方々のコメントが中国寄りになってしまうのは仕方のないことです。
中国の法律では習近平や中国共産党独裁政権を批判したら、たとえ国外にいても罰せられるし、中国政府はここNPも監視してますから、むしろこの微妙なニュースによくコメントしてくれたものだと、逆に感心してしまいます。