新着Pick
83Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何故かイーロンマスクだと話題になりますが、
既にノースボルトがスエーデンで、150GWの
工場建設を行っています。

このノースボルトは、テスラを辞めた人達です。

ヨーロッパには、電池製造のノウハウが無い為、
製造装置の多くは、日本企業によって支えられて
います。

https://www.google.co.jp/amp/s/blog.evsmart.net/ev-news/northvolt-invests-3-billion-in-two-battery-gigafactories/%3famp

パナソニック抜きの、テスラのギガファクトリーも
恐らく同様に、日本企業が支える事になると
思います。

特に巻回機とかですね。メカトロの塊です。
投資の競争になってきた。
半導体やディスプレイの二の舞に、かなりなってきていると思う。あとは半導体や液晶とは違って、電池は重いので、現地生産がより求められる(重量単価はどこで製造するかという観点で重要)。
日本、今でも車載半導体は一定の競争力があるという点で、普通のロジックやディスプレイよりは時間軸が長い話だと思う。そのなかでトヨタがパナとの電池JVを連結化した動きなど含めて、どれだけ動けるかに注目している。まだ投資力で巻き返せるレベル。
なお、投資力が重要なフェーズということは、EV比率がどうなるかは分からないが、もうその方向に進むということ。液晶もプラズマと比較してこれが不利などの話があれば、投資が進むと技術開発が進み、技術が上がりコストも下がる。ソーラーなどでも起こってきた歴史。
これで「Tesla(企業)対中国(国家)」でEV用バッテリーの覇権争いの最終段階になったことが明確になりましたね。

LGを含め、それ以外は、完全に圏外に追いやられた感じです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
時価総額
82.9 兆円

業績