新着Pick
47Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3Dプリンターでロケットを作るだけでなく、それで火星に行こうとするんだから、宇宙開発が飛び石のように前に進んでいく感じがあるが、本当にビジネスとしてうまくいくかはこれから次第。
現在の世界の商用ロケットの価格は、数10kg~500kg以下の衛星の打上げ向きの中小型ロケットで1回あたり約15億円~55億円、静止衛星等の打上げに使われる大型ロケットで1回あたり約65億円~145億円である。

Relativity SpaceのロケットはTERRANという名前で中小型ロケットに分類される。価格は約15億円くらいのようだ。
この価格で、3Dプリント技術を使ったロケットの量産が実現すれば、今よりはるかに頻繁に衛星の打上げ(ただし低軌道に限られる)が可能になる。
非常に注目の会社。
すごい!様々な可能性を感じます。