新着Pick
277Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東アジア・オセアニア圏で見ると、足元のコロナの人口あたり感染状況は最悪に近い。感染ペースではミャンマーに次ぐワーストで、死亡者数でもミャンマー・インドネシアに次いでフィリピンと並ぶ3番目のペース。医療への負担下げるためにも気を引き締めてほしい
<死亡率は各国で似通っているという事実ー年齢別死亡率ー>
久しぶりに各国の感染率(人口に占める感染者割合)や死亡率(累計死者数/感染者数)を調べてみた。
米国の感染者は12百万人と米国民に占める割合は3.6%、仏は同様に3.2%と非常に感染者が多い。ちなみに日本は13万人なので、0.1%と圧倒的に低い。PCRのキャパが格段に上がっているので、この数字も上がってくるのかもしれない。韓国なども0.1%だから、アジア人は感染比率が低いというのは、あながち嘘はないのかもしれないが、現時点では仮説の域をでない。

感染比率が異なるのは容易に予想できるが、意外だったのは死亡率が似通っていることだ。
日本:1.5%、米国:2.1%、仏:2.2%、独:1.5%、英:3.7%、韓:1.7%と大体2%程度(英国が少し高いが・・・)。
無症状の感染者が病院に来る感染者と同数いることを考えると、実態としての死亡率は1%内外と下がるけれども、依然として結構な死亡率だ。
この数字を年齢別にみてみると70、80歳以上になるとザックリ2桁、15%以上に跳ね上がり、50歳以下だと0.1%以下になる。

ここで改めて思うことは、高齢者が感染すれば相当高い確率で死亡するということだ。マスコミもGo Toの是非などという恣意性の高い議論(井戸端会議)ではなく、年齢別死亡率という厳然とした事実を報道してもらいたい(できれば同様のグローバルなデータも)。
県別の感染者数とか完全に意味不明。

この事実を知ってもなお、Go Toで混んだ観光地に繰り出す高齢者がいるのだろうか・・・。
正しく恐れるためにちゃんと理解したいことは以下。

①第一波の感染者数を越えそうだとは理解したが、重症者数や死者数はどうなのか。(まだわからないというのが正しい答えかもしれないが、夏の第二波をもとに推測はできるはず)
②医療も進んだ(新コロへの対処がわかってきた)と思うので、現時点での致命率を知りたい。49才以下だと6月以降「入院者のうち亡くなったのはゼロ人」はデータを見た。
③医療体制がギリギリというのはどこまで本当なのか。疑っているというより単純な疑問。なぜならアメリカやヨーロッパは文字通り日本とは感染の桁が違うから。日本の医療機関のキャパが少ないの?それとも欧米はとっくに医療崩壊しているの?今やってる手厚い医療レベルを維持しようとすると限界だけど、少しレベルを下げて手厚すぎない医療レベル提供にすればキャパは広がるの?など、わからない。

危機感を醸成することの意義は分かりますが、国民として正しく恐れて判断するための情報の提供も行っていただきたいです。
累計で2000人。ほぼ11か月累計で2000人。ちなみに、自殺者は10月の一か月だけで2000人を超えています。ただのインフルエンザだって年間3000人以上死んでいます。コロナってそれより低い死亡者数です。
総数だけで危機感を煽ることを継続してしまうと、慢性化してしまい危機感が麻痺してしまいます。

適度な危機感を醸成するには、より現実的な実情が理解できるデータと、具体的な対策が必要ではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
感染者数よりも見なければならないのはこの重症者数でしょう。検査数はこの長い戦いの最中でも、ずいぶん定義にバラツキがありましたが、重症者の数は紛れもない事実。重症者数の推移は感染者数の推移とは明らかに印象が異なります
新型コロナウイルスのワクチンも順調に開発が進んでいます。なんとか今を持ちこたえれば、抑え込むことができると思います。
最後の自粛を頑張りたいです。
このタイミングで累計数字を出すことは意味ない。
過去のアルバムを眺めているようなもの。

事実としては新規の感染者数字が
急激に伸びている言う事。
冷静に判断して、大胆に行動してくべき。
この数値は、独自基準を使っている東京都の数値を国の基準に読み替えたものですかね?
重症者が増えてくると、ICUの病床がひっ迫してくる状況が気になるので、ICUに入っていても重症者ではない人がいる東京都基準がややこしく感じます。
先日、国の責任、国の判断と言った都知事には、運用基準も国に合わせて貰いたいです。
毎日報道される感染者数よりも、この重症者数の方が新型コロナの蔓延状況を反映していると考えています。
感染者数は第一波<第二波ですが、第二波は検査数が増えたから感染者が多く発見されたに過ぎず、言い換えれば第一波の真の感染者数は第二波より多かったということでしょう。
そして、第三波こそが新型コロナ始まって以来のピークであることを表しています。