新着Pick
162Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ぼろ儲けしようと思ってこの業界に入る人はあまりいないとは思いますが、なんの職業であれ、プロとして仕事に従事する方々に対しては、それに見合った対価と待遇を提供して欲しいです。家庭内でタダでできる仕事だから高い対価を払う必要はない、という声もききますが、家庭内で介護をしているために働きに出られない人の機会費用を無視していますし、それによって国や自治体の税収も減っているわけなので、隠れたコストがあることを考えるべきです。タダで介護している人の精神的負担なども含めれば、なおさらです。
コロナ禍で移動や接触を伴うビジネスの需要消滅により、女性の雇用がより悪化してますが、実はより深刻なのは本来より人材が必要となっている医療・福祉の現場での女性雇用の減少です。
背景には、コロナによる職場環境の劣悪化や医療介護職に対する風評被害や差別があるようです。
年収500万円を超える求人が1%というのは非常に少ないと思います。人を集めるためにも業界全体の底上げを目指していく必要性を感じます。ただ、それもとても難しいことなのだと感じます。
介護業界での年収分布を見ると、「200~300万円」が最も多く51.8%。次いで「301~400万円」(38.9%)、「401~500万円」(5.8%)、「200万円未満」(2.4%)、「501万円以上」(1.1%)