新着Pick
25Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
"世界各国のガソリン車、ディーゼル車禁止の動き"

"動き"って、適当だなあ。全部ただの宣言。法的拘束力を持つものはこの中には一つもない。

「ノルウェー/2025年、ガソリン車、ディーゼル車の販売禁止」
に関しては、単純に間違っていて、ノルウェーは禁止(規制法)ではなく、2025年に販売ゼロになることを目指したインセンティブ設計を行うことになっている(促進法)ので、アプローチがまるで違う。

"5年もしないうち、電気自動車はハイブリッド車と同じくらいのコストで乗れるようになること間違いない。"

"10年後の2030年時点で少なくともハイブリッドを含めエンジン積んでいるモデルは”ほぼ”ないと予想しておく。"

こんなこと私にはとても言えないですね・・・。どんな根拠で話しているのやら。わざと過激なことを言っているだけのようにしか思えませんが、10年後に結果はわかるでしょう。そのころ国沢氏が現役かどうかわかりませんが。
ベンツが提唱したCASE、コネクティッド、オートノーマス、シェアリング、エレクトリックの略語なのは言うまでもありませんが、本来コレら4つは相関関係が無いにも関わらず、ワザワザひとまとめにしたのは、どうしてでしょうか。

シンプルに見たら、コレって鉄道の電車です。

公共交通機関になるってこと。

そう言う意味なんですよ。

EVは高価で走行可能距離が少ないのが現状。
コレがあと数年で解決するなんて、マトモな自動車会社は思ってません。

完全自動運転が近いうち実現できる?
マトモな自動車会社なら誰もそう思ってなんていません。

つまりは、高価かつ専用道路(軌道)での実現になる。
しかし、そんなのは普通の人は買えない。

だからシェアリングが必須、それを実現する為に稼働状況を把握するコネクティッドは必須。

そう、公共交通機関になるしかない。

そう言う意味なのです。


それはもはや従前のクルマでは全くありません。
別物なのです。
・・自動車評論家の国沢さん「残念なことにエンジン車を日常的に乗れる日々はせいぜい今から20年。今のうちに乗っておくというチョイスもあるかもしれません」・・

内燃機関のエンジンを積んだクルマはあと20年でなくなる・・この動向について早くから指摘していた自動車評論家の国沢さん。日本では遅くとも2035年頃には内燃機関のエンジン車は販売されなくなるというのが国沢さんの予想です。

わたしの感想・・えーん(号泣)