新着Pick
93Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはちょっと・・・な記事。
GDPあたりのCO2排出量について、英国などは相当減っているのに対して、日本はこの四半世紀停滞している、その原因は電力ということですが、英国の産業構造の転換、ひらたく言えば製造業を失ったことが全く書いていないのはどうかと思います。
英国の製造業の GDP シェアは 1990 年から 2009 年までに 22.5%から 11.6%に半減していますし、2007-2011年には製造業の中でもエネルギー多消費部門(鉄鋼・金属、紙パ、化学)からエネルギー集約度の低い食品部門に顕著にシフトしていることが、観察されています。
英国が自国から排出するCO2は減ったものの、中国等海外で製造されたものを購入して消費するので、結局消費ベースのCO2排出量は増えているという研究もあります。
日本に産業構造の転換が十分起きていない(進んでいるとか遅れているとかいう言い方は、書き手の価値観の押し付けだと思うので、起きていないという言葉を使います)のは事実ですが、それであれば日本は製造業ではなくどの産業で食べていくのか。あるいは、製造業の低炭素・脱炭素投資をどう進めるか(業績が好調でなければ更新投資も進みませんから)、ということを議論すべきです。
経済新聞なのですから、経済をちゃんと見て報じるべきかと。
名目GDPではなく、この間の他国のインフレと日本のデフレも勘案した実質GDPと比較しないと全く同じ排出量でも他国のGDP当りの排出量は下がり日本は上がってしまいます。。。
技術の効率化も低減すると思うので50年ぐらいのスパンで見てみたい。
日本に対してネガティブな評価ですが、(1)もともと日本はエネルギー効率が高かったこと(追加削減余地が相対的に小)、(2)東日本大震災で原発が止まってしまったこと、(3)失われた20年で分母の名目GDPが増えなかったこと(エネルギー効率を見るならなぜ実質GDPを使わないのでしょうか?)、などを勘案すれば、もう少し違った見方ができると思います。
とても面白い記事だし、ここから色々考えさせられる。
①たしかに日本のGDPあたりのCO2排出量は進化が少ない
②枩村さんがコメントされているように、原発や実質GDPなどの論点はある
③産業構造の転換を、エネルギーを多く必要とする2次産業からそうでもない3次産業にどれだけ転換できたか
④先進国間の比較となっていて、2次産業が経済と技術のシフトで新興国にシフトした中で、産業構成比を加味するとどうなるだろう

二酸化炭素排出が単位GDP・電力に対して高めという事実を踏まえたときに、日本の国全体の産業競争力をどうすべきか。エネルギー需要がなくなるわけではないが、二酸化炭素排出へのプレッシャーは基本的には高まる。
そこのトップラインでの競争力、産業構成比を踏まえた競争力や残存者利益、そのなかでどう国内と世界で、インセンティブと広報の両面で戦略策定・執行していくか。
アレな記事

日本はこの期間にそれほど不幸になったわけではないが、GDPにカウントされる経済活動が増えてないので、割り算したら余計に停滞してみえる

一人あたり排出量とかまで考えると、人口が減る日本はますますダメなように見えるだろう

日本の電力の排出量が急に増えてしまい、今再エネの普及が停滞しているのは、概ね「震災時に菅直人政権だったから」で説明ができるので、あとはなんとかするしかないが、産業構造上の問題は別。

第三次産業としてのサービス産業が増えれば脱炭素化するのは当たり前だが、それが増えれば良い社会といえるのかは別問題で、サービス産業の中身が問題。

いわゆる第四次産業(FIRE; finance, insurance, and real estate)というくくりもあるが、実際のサービス産業はウェイターやケアサービスよりも、そういう「シンボルアナリスト」的な仕事の増加が大半で、サービス産業というよりは情報産業。また、社内政治に主眼をおく「クソどうでもいい」ホワイトカラー仕事も多い。

こうした類の仕事は社会にマイナスの便益をもたらしていることが多いので、ただ増やせばハッピーというのもどうかと思えてくる。
最近日経からこういう記事多いですね。
遠い「再生エネ先進国」 発電比率18%、欧州の半分
https://newspicks.com/news/5401634

地理上の都合として、国際送電網を敷設して周辺国と助け合いができない日本は良くも悪くも自助努力で脱炭素するしかなく、そもそもハードルが高い印象です。世界の先進国と比べて単純比較するだけだと自己嫌悪に嵌まるだけでは。独自の戦略が必要と言われる方がまだしっくりくる。

どこを向いてる記事なのかよく分からず、プロパガンダ的と指摘される方の意見も尤もだと思います。
昨今は省エネの効率性が「CO2生産性」で計測されています。GDP1単位を生み出すのにどれだけCO2を出すかで、まさにこの記事にあるグラフです。日本が大きく出遅れた事実は否めないですね。かつて日本は、この生産性が非常に高くて削減の余地はほとんどないと主張していました。逆に言うと、削減の余地が大きく出来たということです。ポストコロナの経済成長の柱に速く明確に位置付けるべきです。既にEU、中国、米国は明確にしています。既に相当に出遅れているという認識が必要です。
安くてクリーンなエネルギーとして世界中が原発を推進している

バイデンは原発推進派
https://t.co/vI4fqv0fuu

アメリカ民主党も原発推進
https://t.co/BvY27DfMd9

ビル・ゲイツも原発推進
http://t.co/zJ332vsV

イギリスも原発推進
https://t.co/Lt7COaGKEA

ロールスロイスが16基の原発を建設
https://t.co/f7NcxRIpDO

カナダも原発推進
https://t.co/TFX39mAJkn

トルコも原発推進
https://t.co/9ltfCMgRp9

中国、原発稼働世界一へ
https://t.co/52tZ4JTM4B

ロシアの原子力が世界を席巻
https://t.co/jraKWcvsM0

インド、原発40基増設
https://t.co/IzGmE4qaAp

韓国、小型原発で先行
https://t.co/aNO65n7pi1