新着Pick
189Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
理想の上司は 部下のスキルと置かれている状況を理解した上で、最適な指導ができる人だと思う。 同じ人でもはじめての案件と 何回も経験している案件では 指導方法も異なるはず。 感情に任せた指導は何も産まない。
ここでは 「仮面」と表現されているが 私は「アクトする」と教えられた。 ベストな方法を取るためには指導する側も客観性が必要。
いつも感情的であってはいけないが、メンバーに本気で伝えたい、伝えるべき場面では、上司も時に感情を表に出していいと思う
絶対にうまくいかないと決めつけない。

まったくマネジメントできない人が、少し冷静になって、チームのルールや結果などを重視したアプローチを考える価値はあります。

ただし、人間的魅力まで不要のして、数学のように公式に当てはめているだけでは、壁にぶつかることもあります。

まずは、70点くらいとれるマネジメントのアプローチかもしれませんね。いずれにしても、型にはまりすぎないようにしましょう。
内藤様が指摘するように、本気で伝えなければならない場合は、感情を使うべきです。ロジックだけで人の気持ちは揺さぶれないので、本気の場面にはパッションも必要です。

自分の責任の範囲にある部下や仕事のマネジメントで感情を使う場面は限られますが、非論理的・非合理的なカウンターパートと戦わざるを得ないときは発動させるべきです。
まともな議論が通用しない相手なので、自分の本気と覚悟を内外に示し、チームを鼓舞して相手を土俵に引きずり出すことに効果があると考えてます。