新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Hyakumuraさん、Pick・コメント有難うございます!
個人的には、出来るのだろうか、と感じる。ファンドリーといっても製造技術の違い(そして、TSMC・Samsung以外は違い=圧倒的な差)がある。ファンドリーに限らず製造手法というのは極めてデリケードで、だからIntelは違う場所にある工場でも設備はもちろん、配管などもすべて一緒にするというCopy Exactlyという手法を取っている。
Appleについては、A9はTSMCとSamsungの両社で作っていたが、A10以降はTSMCだけのはず。そして、それは前工程だけでなくInFOという後工程部分も評価してだったはず(タイムリーに下記でコメントしたばかりだった…)。
記事にあるEUVリソ部分は半導体製造において最重要ではあるが、それを実現させるためのプロセスのすり合わせから、最近はパッケージング付加価値も上がってきているので、複数社発注というのは相当に難易度が高いこと。
一般論として、スマホのAPUよりCPUのほうがダイサイズも大きい。デバイスの個数ではPCは年間2億台ほどに対してスマホが14億台ほどなので、10倍にはならないが桁は違う。ただ、半導体面積ではPCはやはり結構大きい(Intelが依然設備投資の規模も大きいのはそういうのも背景にあるはず)ので、キャパへのインパクトは一定ある?
https://newspicks.com/news/5399834
TSMC以外の選択肢はSamsungしかないので、このようなニュースになるのは必然だと思います。競合に変化がない限りは、同じようなニュースが今後もあるのでは。
TSMCに対抗するには、SamsungもM1を製造出来る技術がなければ駄目だろうし、そうならなければファウンドリー事業としての未来は無いでしょう。

中国企業への外販優先ではありますが、今月に5nm EUVプロセスのExynos 1080が発表され、Samsung関係者のコメントから、ミドルレンジながらも高いパフォーマンスと推測される。Snapdragon 875の製造も担当する可能性が高い。
量産の規模、歩留まりでTSMCに劣る評価であっても、5nmプロセスの本格稼働に向けて準備は出来ていそうではある。

TSMCで生産能力の問題が解決され、Samsungの受注可能性が無くなった場合、Samsungが受注を獲得、製造したいのは、Windows向けのARMプロセッサでしょう。AMDとの提携はモバイル向けと発表されていますが、Windows ARMが含まれているのかが気になるところ。
そもそも Samsungに作れるのか?っていう問題が。
新型Macに搭載されているM1プロセッサの性能がすこぶる良いみたいなので、供給がタイトなのは確かなのでしょう。
M1プロセッサに既存のソフトがネイティブ対応したらパラダイムシフトが起こると思います。
サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh(Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
248 兆円

業績