新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オバマ氏の「約束の地」のなかの鳩山評。

A pleasant if awkward fellow.
「やりにくいところはあるものの、感じの良い方」。
重点はあくまでも前、a pleasant (fellow)にある。

なのに日本のメディアの多くは「感じがいいがやっかいな人間」のように重点を後方にもってきて誤訳してしまった。

文脈を読めば、オバマ氏が鳩山氏をけなしていないことくらいわかるだろうに。というか、さらに広いコンテクストを考えれば、オバマ氏が他国の首相の悪口をあからさまに書く人ではないということくらい、わかりそうなものだが。
これ、鳩山さん個人に対してはネガティブなニュアンスはありません。この後に続く文で日本の政治に対しては厳しい評価をしていますが。
オバマは思っても自分の海外のカウンターパートを悪くは言わないタイプと思っていたので、やっぱりなという感じ。
https://newspicks.com/news/5395904?ref=user_527032

原文読もうぜ。
全然、ニュアンス違うよ。