新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弊社でもSlackによりコミュニケーションを行い、ほぼメールよりSlackが主流になりつつあります。
当然社長含め、役員のメッセージのチャネルを作っており、日々の投稿に反応いただく流れですし、ダイレクトメールでも絵文字1つでOKです。
お疲れ様です、ですとか、お手数おかけします、どうぞ宜しくお願い致します、ですとかの、開始終了の定型文書がなくなるのは良いことだと思います。
また、スタンプ絵文字も色々な種類を手作業でも作れるのでそれも面白いです。自分の顔スタンプなども、よく作られており、思いもしない絵文字反応が共感につながり新しいコミュニケーション反応のスタイルですね。
大企業の経営者は、「コミュニケーションしにくいことによる権威づけ」をしている方が多い印象です。このようなツールの導入は、本当に自信のある経営者しかできないと思います。
これって、slackの人たちからみると「基本中の基本」だと思います。

絵文字、それも、自分で作った「ひと目で誰かわかる絵文字」なども有効に活用しながらコミュニケーションがとれるのがslackの大きなメリットですよね。

slackを使っているのに、他のチャットツールと同じように絵文字なしで使っていたとしたら…とても残念です。そういった人たちも少なくないですけど。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
先日、"テレワーク中の職場の人との雑談やランチ、4割が「1日0分」"の記事を拝見、コメントいたしました。

https://www.itmedia.co.jp/business/spv/2011/17/news121_0.html

オフィス勤務は雑談の時間が長過ぎると思いますが、テレワークだと、コミュニケーションが希薄になるとの意見もあり、その通りだと思います。

私の場合、コミュニケーションツールとして「Slack」を導入してみて、社内浸透させるのは効果あるかなと思いました。

雑談したいタイミングの人だけ入って、他人の時間を奪わないようにする。まずはそんな使い方から。

そもそもは、そんな使い方ではなく、効率化ツールなのでしょうが。
「宮内社長もSlackを積極的に使っており、社員に向けて自身の意見などを発信するチャンネルを開設。10月に行ったオンラインカンファレンス「SoftBank World 2020」の視聴者数が10万人を超えたことや、福岡ソフトバンクホークスがリーグ優勝したことなどを社員に報告している。こうした投稿に対して、Slack上では社員から「すごい★」「エモい」「熱男」といった絵文字でリアクションが寄せられるなど、立場による壁を感じさせないコミュニケーションが進んでいるという。」
仕事にチャットを活用することが急速に進んでいると感じます。企業で導入したからといって、急に役員や上司、社員間のコミュニケーションが活発になるとは思えません。それまでの人間関係が大きく影響するように感じます。
もちろん絵文字でやり取りするのも良いと思いますが、きちんとした文章が書けなくなるのでは??という懸念がありますが、考えすぎですか?
3万人の企業でSlack使うのはいいと思います。一部では5年前から導入されてましたが、全社展開は今回が初めてで部署の垣根を越えるきっかけになると良さそう。これからのソフトバンクが楽しみですね。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
11.8 兆円

業績