新着Pick

「酒気帯び時の認知レベル」6時間睡眠が、じつは一番危険な理由

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
214Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もっと寝なくてはいけないとわかってるけどなかなか増やせない。そんな人が多い現状です。

時間を増やせなくても平日土日の起きる時間を揃えたり、朝起きたらすぐに太陽光を浴びるなと、ちょっとしたことで睡眠の質を下げずに済むため、やれることから始めてみるのがよいですね。
スマホの睡眠トラッカーで睡眠時間チェックしています。
理想とされる7時間睡眠なかなかコンスタントには取れませんが、意識付けによいと思います。
以前会社勤めの時は、何とか6時間睡眠をとろうとできだけ早く就寝していました。仕事上それ以上早く就寝できないので、現実的には6時間がベストと理解し、そう努力していたわけです。

現在は個人事業主になり、かつコロナ禍で在宅勤務に。おのずと睡眠時間は伸び、だいたい7時間前後。それも目覚まし時計なしで起きるようになりました。

結果、明らかに脳のクリアさが上昇、飲酒しても明らかに以前よりすっきり起きられます。もちろん、日中眠くなることもなくなり、集中力が増していることを実感してます。

実証データを示されると、更に納得ですね。