新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
身近なものをいくつか。

スマホやデジカメで使われているCMOSイメージセンサは1960年代、しかもCCDよりも早く原理は提案されていましたが実用化は1990年代にはいってから。半導体の製造技術が成熟する必要がありました。

CMOSイメージセンサ
https://ja.wikipedia.org/wiki/CMOS%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5


いまの深層学習の原型と呼ばれる福島先生のネオコグニトロンは1979年に発表されていますが実際に世界で大ブームになったのは2012年。GPUのおかげで計算能力が向上したのがきっかけ。

ネオコグニトロン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B3%E3%82%B0%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3#:~:text=%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B3%E3%82%B0%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%EF%BC%88%E8%8B%B1%3A%20Neocognitron,%E3%81%AE%E5%85%83%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%82
これまたよく言われることですが、やったらすぐに役に立つものは、黙っていても誰かがやるので、その時々の何の役に立つかわからない不思議なことを少しずつ解きほぐしていくのがアカデミアの役割かなと。
機械学習の先生とかも、話を聞けば聞くほど、今すぐ役に立つことはやっていない、という感じです。この時代だからこそ次の基礎を、というフィロソフィーを感じています。
「わかった」の前にも何十年、ていうのが普通ですねぇ ヒトの一生は短いので、一人の研究者が、「不思議だ(困った)」--> 「わかった」--> 「見えた、役に立つ」の全部に関われることは稀ですよ なので知識の共有・継承が大事なんですねぇ 大学の存在価値の一つがコレですねぇ

そんな事を考えますよ、年取って来て、研究者としてあと何(十)年できるかな、と感じ始めると
科学はオワコンかもしれません.もう画期的な発見は残されておらず,そろそろネタ切れが近いのではないでしょうか.一方,それを組み合わせて役立つものにすること(工学)のネタの数は,組み合わせなので元ネタの「科学」の個数よりは多いはずです.とはいえ,「科学」が有限の可算集合であるののなら,「工学」も有限でしかなく,いつかネタ切れを起こします.
確かに、一見なんの役に立つのかわからないことにリソースを注げるのはアカデミアの特権ですね。それも、だんだん難しくなってきていますが…。
科学の実用化は数十年。問題はその基礎研究を誰が担うかです。成果は人類共通であり、余裕のある国にしかできない。日本の科学力低下が叫ばれているが、国力が落ちている証でしょう。それに抗って日本が科学のふんどしを締め直すのか、他国頼みにするのか、問われています。
だから「役に立つ」みたいなことを科学に求めちゃだめです。将来、何がどう役に立つのかわからないから。
役に立たないけど面白いものを科学と呼ぶんじゃなかったのか