新着Pick
145Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナがあろうとなかろうと、ファミマに限らずコンビニの雑誌棚の縮小と、ローソンの町のミニ書店化、セブンイレブンのPB雑誌(ムック)中心主義は、7,8年前から始まっていた。特にローソンの書籍棚については、売り場面積も限られるため、版元としては営業力がものをいう。ディスカヴァーでは、当初250店舗ぐらいしか展開していなかったときから、一定の面数を確保していたが、実は、非常に利益率が低く、支払いサイトが長いのもコンビニにおける書籍展開で、経営的には非常に効率が悪い。それもあって、新しい経営陣は、そうそうにコンビニからの撤退を決定した。

私個人としては、今後ますます減っていくであろう地方の小さな書店さんに代わり、そうした地域に住む方々に、アマゾン買いとは異なる接点で書籍に触れる機会を提供しようちいうローソンの心意気(?)に共感していたので、赤字にならない限り続けてもよいのではと思っていたが、もう離れたので、知らない。
一方、伸びるのは電子書籍。
https://markezine.jp/article/detail/34132
https://www.ajpea.or.jp/information/20200124/index.html
https://hon.jp/news/1.0/0/28155

暇つぶしで読む雑誌なら、携帯やタブレットで十分。紙を買う必然性はすくないですよね。
ここ10年くらいで、コンビニの書籍、雑誌の売り場面積は激減しました。

一昔前のコンビニで、外側のガラス部分のほとんどを雑誌や書籍で埋められていたのを憶えている人も少なくないと思います。

リアル書店の現象をコンビニがほんの少しだけ支えても、微々たる影響しかありません。

個人的には、リアル書店で感じる数限りない知的刺激を決して失いたくないのですが…。
これを「新型コロナウィルス禍」が原因と読むか、それとは関係ないと読むかで、戦略も対応も全く違ってきますね。

視点の置き方や、分析のセンスが、いかに大切かを痛感できる記事です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
コンビニに限らず、個人的には本を買う機会が激減しています。マンガはKindle、雑誌は楽天マガジン(以前はdマガジン)、ニュースはNewsPicksや日経電子版、SmartNewsに。

コンビニでは書籍にテープが貼られるようになってから立ち読みが出来なくなりました。なので、セブンイレブンがのように冷凍ケースを拡充した方が戦略的には時代の流れに合っているんでしょうね。