新着Pick
397Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本での薬局開設は、自治体ごとの許認可と、薬剤師による指導が原則として義務付けられています。そのため、オンライン薬局には壁があります。

また利用者の観点からも、診察後に即時に薬を入手したいニーズがあるので、ヨドバシカメラの当日配送ぐらい流通網が整わないと、利用が伸びないことも想定されます。

とはいっても、定期継続的な薬を入手する場合など、オンラインの方が向いている場合もありますし、選択肢は広い方が良いので、規制緩和が進んでいくことを願っています。
全米での統計は分かりませんが、ニューヨーク市内では少なくとも高齢者世代を中心にすでにオンライン薬局が浸透していて、デリバリーを用いている人は非常に多い印象です。

そもそも州として紙の処方箋が禁止されており、薬の処方は電子的なやりとりに限定されているので、オンライン薬局が非常に馴染みやすいという背景もあります。

すでにCVSやウォルグリーンなどのオンライン利用者は多く、各保険がソフトに薬局を指定している場合もあるため、既存の顧客がどこまでAmazonに流れるかは分かりませんが、新規顧客ですでにAmazonを利用している比較的若い世代はそちらに流れるかもしれません。

また、大手各社もオンライン薬局の登録会員にさらなる優待をつけるなどしていますが、Amazonの参入により、価格破壊が進むかもしれません。
薬のオンライン化は、慢性病で常時薬が必要な人が最大の顧客と思います。

初めて医師にかかり処方箋を出される人にはそれほど大きなメリットはありませんが、日本以上に薬漬けの人が多く、薬局まで遠い場所に住む人が多いアメリカでは、慢性病むけ薬のオンライン配達はニーズが高いです。

オンライン診療についてもよく誤解されますが、ビデオ診療の最大のターゲットは、初診よりもこういう「慢性病」の人だと思います。予測しやすい定常的な診療・検査・服薬が必要なケースはIT化の最も「低いところになっている果実」で、まずここを効率化して、病院の人的リソースをもっと難しいところに振り向けるという考え方がよいと思っています。
薬とECの相性は本来良い。人は他人に自らの持病を知られることに抵抗感があるから。
ユーザーペインが大きいところだけに今後のメインストリームになりそうです。

日本では病院併設の薬局の存在があるため普及しないという見方もありそうですが、上記の理由でEC化のニーズは高いため解禁されれば普及は早いでしょうね。規制緩和されるの遠そうですが。笑
#CVS 、#Walgreens Bootsと#Walmart にとって、家庭への宅配体制構築が必須です。

#アマゾン は、特にプライムメンバーへのフラッシュデリバリーの体制があるので、間違いなく脅威です。
また、#アマゾンファーマシー は、市販薬だけでなく、調剤薬も対象としているので、この顧客を常連客にしていた、これらの店舗には、さらなる落ち込みにつながる可能性があると思います。

物流を制する小売業が、市場を制します。
日本だと処方箋をどう処理するのだろうと思うが、
病院に行く時間ない、できれば行きたくないが、いつもの咽頭炎はムコダイン、ジェネリックならカルボシステイン、鼻水の場合はこれと処方される薬の先行薬とジェネリックのあたりついているのであればにほ利用したい。
リスク低い薬に限定などするのかな。間違った薬を飲んだ場合事故も気になります。
UX観点では、処方箋を送る手間をどれだけ解消できるか?がポイントだと感じます。アメリカでは、紙以外にも電子型の処方箋を指定したドラッグストアに送付してくれる、かつ病院併設の薬局がないようなので、ここにアマゾン・ファーマシーという選択肢が入っていくイメージでしょうか。
私個人としては、処方箋薬を常時飲んでいるため、ユーザーペインをハンパなく感じます。
PillPackを買収してから2年経ちましたが、ついにという感じです。大幅な割引があるほか、薬剤師も24時間対応してくれるとのこと。9,040億ドル市場。インパクトは大きいです。

「アマゾンによると、プライム会員が保険外で購入する場合、後発医薬品(ジェネリック)で最大80%オフ、先発医薬品は最大40%オフになるほか、注文から2日で配達されるという。」
米国では処方薬の制度も柔軟なので、このような方法が可能なのでしょう。

日本だと「薬価」が決められていて硬直的。

処方箋を取り扱う薬局はずいぶん儲けていると聞いていますが…。
ピルパックの買収から2年ではじめましたね。

日本でもコロナのため、電話による服薬指導が特例的に認められています。これが恒常化するのも近いかも。そうなれば日本への進出も意外に早い。

日本のプレイヤーは
・早く手元に届くようにするため小さな商圏で地域密着
・慢性期の病気で定期的に飲む薬に絞る
かどちらかの選択・集中が必要か?
株式会社クリエイトSDホールディングス(クリエイトエスディーホールディングス、英語: CREATE SD HOLDINGS. CO., LTD.)は、神奈川県に所在する持株会社である。事業会社はドラッグストア(薬店)・調剤薬局を運営する株式会社クリエイトエス・ディー(英語: CREATE SD.CO.,LTD.)など4社である。 ウィキペディア
時価総額
2,162 億円

業績

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構える多国籍テクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称である。 ウィキペディア
時価総額
159 兆円

業績