新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
子宮移植は、肺移植や心臓移植といった患者の生命を救うための移植とはその意義が大きく異なり、また国によっては代理母出産という代替法が存在するため、リスクを伴う手術をすることに議論が生じます。

子宮移植の最大の意義は、代理母出産とは異なり、子宮のない患者さんが諦めなければいけなかった夢、「自分のお腹で子供を育て出産する」ということを望むことができる現時点での唯一の治療の選択肢、という点です。再生医療が進めば、他者からの臓器移植ではなく自分の組織からの再生ということが可能になるのでしょうが、現時点では子宮の再生はできていません。

一方でその懸念材料は、ドナー(臓器提供者)およびレシピエント(臓器受容者)の手術リスクと必要な投薬に伴うリスクです。子宮移植をし、出産が無事終わると、移植後に必要となる薬剤(異物を移植することで生じる免疫反応を抑えるための免疫抑制剤)を生涯飲み続けるリスクを避けるため、使い終わった子宮は再び摘出します。すなわち、レシピエントは2度の手術を必要とします。また、「一時的な移植」という概念が生じる、唯一の臓器移植であるという点が最大の特徴で、ここに倫理的懸案が生じます。
こういうことは、この記事には関係ないと思うけど、サルの赤ちゃんは仕草とかが人間に近くて、親近感を感じる可愛さですね。
子猿も順調ということは、お母さん猿も元気なのですよね。

でも、人間の場合、仮に子宮を移植となった場合、亡くなられた方からの移植以外、生体間での移植を認められるのでしょうか?倫理観から難しい判断ですね。
日本で生殖補助医療を開拓してきた慶応大の成果。一方で今後ヒトへの応用となると倫理面での対応も求められる案件ですね。「子宮移植後の出産成功は、ヒト以外の霊長類で初」
赤ちゃんって、猿も人もそっくり。かわいい。