新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回のアメリカ大統領選挙によって「地政学」「分断」といったキーワードへの認知が高まりましたが、PwCでは約10年にわたるユーラシア・グループとの協業を通して、地政学リスク、更にG7を構成する主要先進国が指導力を失い、G20も機能しなくなる“Gゼロ”の世界について発信してきました。

バイデン氏による政権で、制裁関税には否定的であっても、対中国の包囲網を構築する考えは変わらない事から、この地政学リスクは継続していきます。

コロナによって:
・治療薬やワクチンの開発、供給などでの国際協力の緊急性が増す
・デジタル化の加速により更に米中の技術覇権争いやルール、標準の整備の競争激化
が起きているにも関わらず、Gゼロの状態は続きます。

そのような中で、2020年12月9日〜12日、GZEROサミットが開催されます。

〝今年のサミットの目的は、世界のリーダーシップの空白に対処し、リーダー同士の再連携と回復に向けた持続可能なロードマップを提供するためのアクションを模索すること〟

という事で、まさに今考えるべき内容だと思いました。
私も視聴し、自分の思考を深めたいと思っています。

★GZEROサミット2020

https://japanese.gzerosummit.com
「トランプ大統領が乱発して貿易摩擦を招いた制裁関税には否定的な考えで、中国の貿易慣行の是正に向け各国と協力して圧力をかける方針」とのこと。
トランプ大統領とはまた違った形で、中国への圧力を高めていくようです。
RCEPの署名もありましたし、米国が今後、アジアとどのような関係性を構築していくのかも気になるところ。