新着Pick
248Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「7.0ポイント減」で思っとほどでないという意見が多いですが、これは非常に注意が必要です。それは、この調査の対象に偏りがあるためです。

調査の概要では、調査対象が以下のように書かれています。

2)調査依頼先 設置者・地域の別等を考慮し、文部科学省・厚生労働省において抽出。
国立大学 21校
公立大学       3校
私立大学 38校
短期大学 20校
高等専門学校 10校
専修学校(専門課程)20校
合計        112校

分かる人には一目瞭然ですが、抽出のバランスがおかしいわけです。国立大学は21/82の抽出、私立大学は38/約600の抽出です。つまりこの調査は無作為抽出ではありません。調査対象大学も非公表で調査方法も一律ではなく、各大学が抽出した学生から聞き取ったものというものです。

そのため例年、全学生調査にあたる学校基本調査の数値よりも高く出ます。平成30年であれば、本調査の最終的な就職率は98%、一方で学校基本調査では77%と21ポイントも差がありました。

ですから私はこの7.0ポイント減というのは、偏差値でいう上位大学の内定率における減少幅と読んでいます。つまり大学生全体では、もっと深刻な数値になるだろうと推測します。

「令和2年度大学等卒業予定者の就職内定状況」
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184815_00008.html


この調査、毎年誤解を生んでいるように思うので、厚労省、文科省には無作為抽出ではない旨、大きく書いておいてほしいです。
毎日これだけ多くのメディアがコロナ関係で時間を使っているにも関わらず、数字で見ると7.0%減。個人的にはもっと影響が大きいと思っていました。
 
TVや新聞といったメディアが煽りすぎなのか、影響が限定的範囲で住んでいるのかは、個人でのが判断が求められています。
 
コロナで社会の柔軟性が増したと思います。その分、自分自身で判断が迫られる機会も増えていますね。
リーマンショックよりも内定率の減少が少ないのは意外。コロナの被害は、観光・飲食など特定の業種に偏ってるということだろうか。
低下しているとはいえ、7.0ポイント減で済んでいるのが「不幸中の幸い」だと思います。

コロナ禍で採用を抑制した企業が、(周囲が思っているほど)多くはなかったということでしょう。

ワクチン開発も進んでいますし、(悪影響を大きく受けた業種を除けば)将来を見据えた人材戦略が不可欠です。

その代わり、40歳や45歳以上の従業員の希望退職募集が増えています。

若くて給料の安い労働力を多くの企業が求めているように感じるのは、私の考えすぎでしょうか?
より注意が必要なのは、リーマンショックの時は2009年10月時点の内定率が前年の69.9%から62.5%に下がっただけではなく、翌年2010年10月時点に57.6%まで下がっているということでしょう。
背景には、日本特有の雇用慣行として解雇がしにくいため、景気が悪くなると企業がより新卒の採用に慎重になってしまうことが一理あると思います。
このため、今後の経済動向次第では、翌年10月時点の内定率がさらに悪化する可能性もあるでしょう。
まだまだ21卒を採用したい企業はたくさんあります!例えば、中小企業の求人倍率は今でも3倍以上あります。大変だと思いますが、挫けず頑張ってください!!
ニューノーマル で、就職や第二新卒の転職は難しくなっているのは間違い無いです。一方で基礎基本を大切にしていけば、日本は他国と比べて圧倒的に人の方が足りないですから、他国よりは就職、転職は楽ですね。

こんなまとめもしております。
https://keyplayers.jp/archives/16648/
来春卒業予定で就職を希望する大学生の10月1日時点の内定率は前年同期比7.0ポイント減でリーマン・ショック時に次ぐ低下ポイントだそうです。
リリースはこちらです!
https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/11/1422624_00003.htm
バブル崩壊で景気が悪化した90年代、当時中高年だった団塊の世代の雇用を維持するため犠牲になったのが派遣法で利用された失われた世代です。今は40-50歳です。非正規だっなので生活が不安定で賃金は安く結婚も出来ず子供作りも出来ませんでした。こうして少子化が加速しました。安倍政権は去年から、こうした世代が高齢者になって生活保護になるのを防止する政策を実施してきましたが、コロナで頓挫しました。そしてまた、新たな失われた世代パート2が生まれようとしています。社会を崩壊させるほどの失政は、繰り返してはならないと思います。とはいえ多くの人にとっては他人事。おかしいものにはおかしい、と言うべき政治の出番でしょうね。
この調査対象は、どんな規模の学校だったのか? 地域は? など気になることもありますが、印象としては「意外とみんな就職決まっている」という感じがします。
働き方も大きく変化をしてきている今だからこそ「学生から社会人へのマインドセット」がとても大切だと思います。「仕事をする最初のスタート」がその人のその後の「考え方」「行動」などに影響すると感じています。