新着Pick
608Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「クルードラゴンの打ち上げ成功おめでとうございます!6か月間のミッションの始まりを示す完璧な打ち上げの瞬間を見ることができ、大変嬉しく思う。今回の機体に名付けられた「レジリエンス」は今年我々に必要なものでもあり、この宇宙船によるミッションは我々が一緒なら強くなれることを思い出させてくれる。官民連携による宇宙事業を通した日米関係と国際連携に非常に素晴らしく、本事業に尽力された皆さんに賛辞を送りたい!野口宇宙飛行士は真のヒーローであり、日米関係の最高の親善大使だ。先日野口宇宙飛行士にインタビューする機会を頂戴したので、是非こちらのリンクよりご覧ください。https://www.japansociety.org/page/programs/tea-time-at-japan-society/conversation-soichi-noguchi
クルードラゴンを運ぶファルコン9には数百トンのケロシン,化石燃料が積載されています.ガソリンに換算すると自動車何千台分でしょう?イーロン・マスクはロケットで化石燃料を燃やす代わりに電動車を売っていると.
なーんてね.
ケロシンの燃焼がきれいに輝いています.日本のH-IIは液体水素が推進剤です.燃焼しても水蒸気が排出されているだけなので無色透明です.H-IIの打ち上げの時に見られる白い煙はロケット側面の固体ロケットブースターの燃焼で排出される酸化アルミニウムです.ファルコン9はこのブースターがないので,ケロシンの炎が見られます.
そう考えると,日本のH-IIロケットは温室効果ガス(CO2)を排出しないエコなロケットなんですね.
何はともあれ無事に打ち上がって良かった。SpaceXも完璧ではないが、かなり安心感の高い打ち上げ業者になった。こうして有人打ち上げが続いていけば、いずれ現在のレガシー企業は退場せざるを得なくなるのかもな…。
テクノロジーの進化がすごい。まず素材技術の進化で宇宙(船内)服は圧倒的に軽量化されデザインもできるようになったこと、コックピットのタッチパネルなどがIT化されシンプルになったこと、そして、ペンシル型のロケットを帰還させられるロケット制御技術、と、圧倒的な技術進化を徹底的に活かしていると感じる。未来がまた一歩近づいてきた。
これまでNASAの打ち上げで、宇宙飛行士は「アストロバン」という銀色の車両に乗り込んで発射台へ向かうのですが、今回はそれがテスラの電気自動車だった点で時代と変化を感じました。

スペースシャトルを何度か取材しましたが、クルードラゴンはとても洗練されたデザインで機能も充実しているようです。宇宙服は軽量化されたように感じます。これまでのコクピットは航空機で言えば“エコノミー”並の窮屈さだといいますが、今回はそれより広く、飛行士4人の動きが映像からも詳細にわかるほど、余裕がある感じがします。
素晴らしいの一言です。SpaceXの安定感、半端ないです。
今、Dragonが切り離されましたね。なんかずっとライブで見ていると物凄い宇宙が身近に感じられました。

Crew DragonのタッチパネルはスマホとかTeslaみたいな感じですよね。一瞬素人でも操作できそうに錯覚するw
さすが、スペースX。コクピットの中の技術やデザインが圧倒的な進化を遂げていることが一番驚いた。それにしても、打ち上げのライブ動画は夢を感じさせ感動的なだった。無事このミッション成功して欲しい!

https://twitter.com/spacex/status/1328073539094626304?s=21
技術の進化、打ち上げの成功なども素晴らしいですが、個人的に一番印象的なのは民間の成功であることです。昔はこんなことが考えられなかったと思います。民間の力が想像やビジョンだけではなく、資金とリソース面でも国の力を超える時代になったのですね。未来はもっと楽しみ!
打ち上げは無事成功したのかな。3回も宇宙に行くって正に未踏の領域。日本の誇りですね。