新着Pick
27Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そうだといいのですが、結論はまだ分からないというのが実際のところだと思います。

例えば、この研究で用いられた「喘息」の診断は、保険請求上の診断名をもとにしていますが、COVIDに対する加算の影響もあり、実際には喘息発作を起こしていてもCOVIDの診断で入院となっているケースが少なからずあると思います。

このように、そもそもデータ回収の時点で低く見積もってしまっている可能性もあります。私も同様の手法で研究を行なっていますが、診断名が不正確なのが最大の限界点でもあります。

また、そもそもその原因まで言及できる研究ではないため、仮に「大幅減」だったとしても、それがマスクの影響かは定かではありません。あるいは、喘息患者さんが皆気をつけてしっかりと吸入薬を使うようになったこと、外出が減った影響などもあるかもしれません。

考察を深め、対策に結びつけるには、別途更なる研究が必要と思いますが、次の研究に繋がる素晴らしい研究だとも思います。

元論文はこちら
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2213219820311107
結論付けるのは難しいとは思いますが数字を見るとなにかあるんでしょうね。マスクで保湿されているのか。

産科でも入院を要する切迫早産が減った印象があります(数字は調べてませんが)。テレワークや自粛で日常生活が以前と比べて「安静」に近い生活になったのかなと思ってます。だとするとコロナ前の社会はある意味妊娠にとっては過酷な生活を強いられていたのかな、などと考えておりました。

喘息も実は死ぬ病気。発作を減らす生活様式がわかれば良い副産物ですね。
「以前の生活でぜんそくが悪化しやすいのであれば、コロナが終息してからも、可能な範囲で新しい生活様式を続けることも一案ではないか」
そうですね。個人的にはアレルギーから喘息の症状を起こすことがあるので、花粉症の時期以外も本当はマスクをつけている方が良いだろうと感じます。今やみんながつけてますし、気になりませんしね。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア