新着Pick

バイデン氏は米中「新冷戦」をリセットする。習近平氏との「個人的関係」で日本はしっぺ返しも

Business Insider Japan
アメリカ大統領選で、過半数の選挙人を獲得した民主党のジョー・バイデン候補が11月7日、勝利宣言した。 政権交代の中で、最大の関心は米中関係の変化だが、多くのメディアは「米中対立はパイデン政権になっても継続する」とみている。だが、選挙中からバイデン氏は「新冷戦」を否定しており、あらゆる領域で中国を敵視...
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「バイデン氏は米中、新冷戦をリセットする」は参考になる話が満載。バイデンさんと中国の関係は、1979年4月、米議会訪中団のメンバーとして訪中し、当時の最高指導者・鄧小平と会談したときからの関係。2011年初めから1年半の間に、当時カウンターパートだった国家副主席時代の習近平氏と少なくとも8回会っているとの話。いかに習近平国家主席がバイデンさん当選を待望していたかがわかる。中国はバイデン政権のもとで米中関係リセットを最優先するだろう。そうなるとバイデン政権は北朝鮮問題についても中国との協調を重視する可能性がある。それらのことを踏まえて「日本の立ち位置」を定めてゆくのが良いのではないか。といった話を先週から今週にかけて出演する討論番組で発信する予定です。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン