新着Pick
3781Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
戦略系のカーニーのコンサルタントとして、デジタル案件を多く担当していました。デジタル案件は常に入ってきていて、その領域の担当をしていた僕はPJにあぶれることもなく、忙しくさせてもらっていたので、市場予測も体感値に近いものがあります。

また、デジタル領域のPJでは、特に知見が重要であると記事でも言及されていますが、これはコンサルの買い手であるクライアント側も理解してきていると感じます。

過去は「とにかく有名どころに頼むしかない」と思われていたのかもしれませんが、それも変わってきています。現在所属するWACULでは「AIアナリスト」というデジタル関連のマーケティング&セールスのプロダクトを出していて知見がどんどん溜まっていることが理解されているため、積極的な広報などを行わなくとも企業側から直接お声がけしていただけます。
知名度のあるITコンサルや広告代理店とコンペになったりもしますが、やはり「知見・経験」そして「意味のあるデータ」(ゴミではないデータ)を持っていることで、コンペに勝つことが多いです。これは、知見があるからこそ、戦略・戦術だけでなく、オペレーションの落とし込み方まで理解できていて、そこまでの提案段階から想像できているので、クライアントが成果につながると感じられる提案ができることも強みになっています。

一方、クライアント側がまだDXそのものをどうしてよいかわからないという手探り段階の場合、より高い視座から設計を始めなければなりません。そうした際には、やはり戦略系の優位性が高い状態が続いているとも思われます。ITコンサルに相談したけど、手段や実行方法ばかりで、どうするべきかという本質から離れた提案になると聞きます。

そのため、戦略系は成果・実効性の担保が、IT系は本質からスタートするための機能が欠けてしまっていて、お互いにお互いを必要としていると感じます。
特にIT系と比べて規模としては小さい戦略系は、より戦略を具体に落とし込んでいく過程をうまくやるために、そうした機能を自社に取り込むのか、提携を通じて有機的につながるのか、デジタル領域での戦い方を思考しなければならない時代がやってきていると思います。
記事内でも触れられていますが、DX需要の中でコンサルファームはデザインケイパビリティの獲得が重要な施策の一つになっていると思います。

海外ではデザインファームを買収してデザイナーを獲得しています(うまくマージできているかは別として)が、日本では買う対象になるデザインファームがほとんどないのが現状かと思います。

海外ではマッキンゼーやアクセンチュアやデロイトがこの数年で数十社に渡るデジタルエージェンシーやデザインファームを買収してますが、そのほとんどが100名を越えるある程度の規模の会社でした。人月商売なので、ある程度の人数がいないと数字にインパクトがないからです。一方、日本では100名を越えるデザイン会社はほぼなく、そのほとんどが多くても30名ほどです。特にデジタルを主軸としたデザインファームで100名を越えているのは弊社だけだと思います。

そうなると自前でデザイナーを採用していくしかないのですが、今採用マーケットではデザイナー特にデジタルを専門とした上流から入れるデザイナーの獲得はかなり難易度が高く多くの会社が採用に苦戦しています。

DXで顧客体験が求められている今デザインの要素は外せない中、ここのケイパビリティの獲得がコンサルファームの一つの鬼門かもしれませんね
"戦略の正しさ"の重要度は低い。
それよりも"戦略の実行度"や"走りながらの精度向上"の方が遥かに重要。
ある程度以上賢い人が描けば、戦略の骨子で大外しすることはない。仮に初球が50点だったとしてもそれをしつこく実行し修正を加えていく力が100点ならなんの問題もない。
コンサル各社MAでデジタルやデザイン会社の買収を進め、実行に際して比較的多く求められるケイパビリティを蓄積しているのも、コンサル会社自身による戦略実行性を高めるため。
しかし、戦略実行に必要なパーツは今後より広範になることを考えると
1.社内に多彩な機能を抱えた巨大なブティック型ファーム
2.必要な都度、外部を活用・コントロールしていくPM(プロジェクトマネジメント)型ファーム
3.高スキル人材が登録するタレントバンク
の様に分科していくのでしょうね。
一部の巨大ファーム以外は、外部活用/連携を強化していくことが生き残りには必須となるのでしょうね。
「デジタルの衝撃」「岐路に立つ戦略系」「対抗する広告会社」とありますが、これは結局「デジタルの衝撃」によって残りの2つのトレンドも加速している、と思います。

こんなにデジタル、デジタルと言われる前から「綺麗なスライドだけ書いて置いていくコンサルは要らない」と言われていましたが、これがデジタルを活用することが経営アジェンダの解決(新規事業創出、既存事業の高度化、業務プロセスの効率化等)に必須のものとなった今、デジタル世界での勝ち筋は
・如何にユーザー視点を徹底させたビジネスを描き
・クイックにβ版を投入し
・アップデートを繰り返せるのか
という点にあるため、これらを一気通貫でdelivery出来る総合系ファーム(含むデザイン会社の買収)へのニーズが高くなっているという印象です。

「対抗する広告会社」の意味合いは、やはり第一義的には
・ユーザーに密着したマーケティングデータを持っている
・ユーザー視点でのアイデア発想に強みがある
という点かと思います。マーケティング領域については強みを持たれているわけですが、幅広い経営アジェンダ、となるとコンサルファームとは対応出来る領域が異なるのかな、と思っています。

しばらくは「デジタル」をキーワードにtraditionalなコンサルティングワークも盛況なのでしょうが、一方で、記事内に「コンサル会社が自前で手掛ける各種ソリューション」とあるように、コンサル自身がサービスを提供していくモデルも増えていくはずです。こちらには所謂「高給人材派遣モデル」と言われたビジネスモデルの限界(クライアント側に元コンサルやMBAホルダーもいて単純な頭の部分だけでのvalueも目減りしている&人工で稼ぐことでの利益率の低さ等)があります。デジタル関係なく、そちらの方が重い。

「クライアントの課題解決者」から「自ら未来を構想する存在」へと、要はクライアントが気付く課題を待つのではなく、コンサル自らが「世の中ってこうなるから、こういうことを考えていきましょう。そのためにはこんなソリューションが有効です」という、これまで完全なる第三者・黒子であった存在から、自らが構想する存在に変わっていこうとしている転換期なのかと思っています。
所謂大企業経営企画部門にいるコンサル出身者ですが笑、やはりコンサル会社にお願いするポイントは「自分達でできない」「自分達でもできるが時間やリソースが足らない」の2つに尽きます。特に1つ目はすごく大事で安易に判断しないように心がけています。本当にできないのかと。仮にお願いするとしてもコンサル会社がいなくなった後どう社内にノウハウを蓄積するかを予め考えておくことが1番大事な気がしています。
よくまとまってると思います
記事にあるとおり、リーマン、震災と過去は景気の影響を受けてきたのですが、今回のコロナは今のところはあまり影響を感じません。もちろんそれで延期になるプロジェクトもありながら、全体としては活況で人が不足気味
数字で見るのは初めてですが、デジタル関連は確かに広がっている一方でビジネス系の案件も横ばいであまり変わらないんですね。現場の実感ともよくあいます
コンサルタント「個人」に対して「固有解」を求めるマーケットは大変ですが今後も残り続けるんだろうな、とは思います
元々景気に左右されやすいと言われるコンサル業界。コロナショック後、どれほどのダメージを受けたのか……。コンサル各社のトップやクライアント企業、そして現役コンサルを取材したところ、一時的な影響があったとしても、概ね仕事は引きもきらないとのこと。

アクセンチュアなど総合系は、5年前は4、5%しかなかったというデジタル系のプロジェクトが、今や7割超え。一部戦略系も、半分近くがデジタル案件になっているといいます。

では、案件がデジタル化するとどうなるのか? デジタル領域は、経験による学習カーブがきくことから、先行者、大手が有利。では、総合系コンサルの一人勝ちなのでしょうか?

本特集では、総合系、戦略系のトップのインタビューのみならず、とりわけ総合系がその領域を食いに行っている広告領域側までカバーしています。

現役コンサルやコンサル志望者、コンサルを使うユーザー企業の方、広告会社などコンサルの周辺領域の方などに是非お読みいただきたい特集記事です。
結局ROIなので、クライアント企業がDXなどのブームに踊らされることなく、欲しいものをきちんとえられているか。まさか、丸投げしてるところはないとは思いますが。
ボヤーっと読んでたら自分の部署が出てきてびっくりしました笑 個人としてはこうした大局は話半分に知っておきながら、結局は目の前の人が「ありがとう!」っていう価値の創造を日々積み重ねていくだけ。それが評判を生み、単価をあげ、個人のポートフォリオを豊かにしていく。くれぐれも「うまくやろう」としないことかなと思います。自戒を込めて。
コンサルティング業界、広告業界はデジタル化が進む中で境界線がどんどん曖昧になってきています。自分のキャリアとしてもコンサルティング会社からスタートして、ネット業界で起業して、広告業界にも関わるようになってきたので今回の特集は僕自身がいままさに直面していることでもあるため、今回の特集はとても楽しみ。
この連載について
アクセンチュアをはじめとする総合系コンサルティング会社が、規模も業績も急速に拡大している。その勢いは、戦略系コンサルはもとより、広告業界などに脅威を与えるほどだ。なぜ総合系はこうも伸びたのか? そして、エスタブリッシュなコンサル会社や広告会社はどう対抗するのか? 各社トップを直撃することで、その全貌に迫る。