新着Pick
138Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「百万人のMaga大行進」"Million Maga March"(Magaは、Make America Great Again)と銘打っていましたが、1万人がいいところでしょう。
 Proud Boysというのは、組織ではないですね。トランプ大統領が、大統領選挙中の討論会で、「その時に備えるのだ、Proud Boys!」と呼びかけたのがこの言い回しの始まりです。「大統領選挙の結果を受け入れるか?」という質問への回答で、質問には答えずに、カメラに向かってこういう呼びかけをしていました。
 対抗勢力の、いわゆるアンティファ(Antifa、「反ファシスト」の略ですが、左翼やアナーキストの活動家のことで、これも組織ではありません)もかなり動員をかけてワシントンDC各所でトランプ派とにらみ合ったり、乱闘を繰り広げていました。
 逮捕者と負傷者が数名出ているようですが、各地から集まったトランプ派には、「アンティファの脅威」を実感できる体験だったでしょう。
 今回の「百万人行進」はこれといった主催者も無く、各地から参加者が呼びかけ合って集まりました。しかし、かつてスティーブ・バノンがそうであったような、プロバガンダ屋というか政治ゴロというか、のような何人か、たとえばアレックス・ジョーンズというような煽動家が、特に活発でした。彼らは、今後も不満を持つ層を煽動し、それがトランプ家かどうかはわかりませんが、また御輿を担いで勝負しようとするでしょう。
トランプ氏の集会でよく見られる傾向ですが、問題は多くの参加者がマスクを装着せずに密集しているという点です。いくら屋外とは言え、これでは現状悪化の一途を辿る感染拡大に火をつけるだけです。
7100万人が票を投じ、トランプ大統領を英雄視している人たちがいる限り、こうした集会は続くだろう。バイデンは彼らを納得させることはできないだろうが、この人たちが民主主義を破壊したくなるほど絶望させてはならない。
選挙前に懸念された破壊や暴動などが、これまでも今回も起こらなかったのは本当によかったです。

この集会を呼びかけるTwitterのハッシュタグが、またまた乗っ取られて、美味しそうなパンケーキの写真がズラリと並ぶようになっていたのもお笑いです。

問題は政権移行のための正当な手続きが全く進まないこと。2000年の選挙でゴアが再集計を求めてもめた際の遅れでしばらく空白状態が起き、その時の見逃し事項が2001年の同時多発テロの一つの背景であるとの説もあるそうです。(NYTポッドキャストによる)現在、トランプは大統領としての仕事を全く放棄した状態で、防衛長官をクビにしてしまい、空白状態が生じてしまっています。

よくないことが起きなければ良いのですが・・
これは、トランプ大統領就任直後のウーマンズ・マーチと同じ位置付けです。反トランプで、女性だけでなく環境問題活動家なども参加していましたが、今回は反グローバリズム、反環境問題などで一致した人たち。しかし規模は前者が全米で数百万人いました。
ガス抜きになるのか、22,24年への布石になるのか。
実際に接戦州が多かったですし、数千人規模であれば、深刻な問題ではないのでは?
集会を開く権利はありますし、このような集会を開かないとストレスが発散されないというのも事実。

ただ、コロナ感染者が急激に増えているのは、明らかに選挙が影響していますね。ここは頭が痛いところ。
ワシントンでトランプさん支持集会。米国が民主主義国家であることを知らしめる風景ではある。自由に投票してその結果で政権が交代しそうだし、政権を暴力で転覆するムードではない。これだけ国全体が興奮して一部では混乱しており、次期政権が執権の準備を開始することができない異常状態でも、政治、経済、軍事で世界をリードしそうだ。やはり米国は凄い国に違いない。
政権移行が行われなければ、国内だけでなく海外の安全保障など様々な面で不安定になりそうです。1月の就任式時点では、コロナ収束も見通せず、むしろ拡大している可能性もあります。どこで線を引くか、いまは誰も決められないところが、不安定さを増しているように思います。
【国際】集会の開催それ自体はアメリカ合衆国憲法修正第1条に基づくものなので何も問題はない。今後、トランプ陣営が起こしている訴訟が不調に終わると、トランプ支持派が合衆国憲法修正第2条で潜在的に定められた「抵抗権」を根拠としてバイデン暗殺に向かうのではないかと危惧する。リンカーン大統領の暗殺も、ケネディ大統領の暗殺もそれを正当化する人たちは「抵抗権」の行使を主張した。