新着Pick
785Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Disney+はサービス開始1年で会員数がhuluにダブルスコアの7,300万人に到達。当然の流れとして、他社のストリーミングサービスから自社の作品を引き上げて更に流入増を図る。
エンタメ業界はエンドユーザーが直接サービスを選択できるのでプラットフォーマーよりもコンテンツホルダーが強い。競争力の高いコンテンツの制作には多くの場合大規模資本が必要なので、財務や組織のマネジメントも含めて経営力の高い企業にシェアが集中していく。もしくは、資本が不要で良質なコンテンツを創作可能な分散された個人にパワーが移っていく。
この構図は映画やドラマに限った話ではなく、短尺動画のQuibiが短期で巨額の資金調達→サービス撤退となったことや、芸能事務所やYouTuber事務所が交渉力を失ってタレント、プロデューサーやYouTuber個人が業界でイニシアチブを取り始めていることからもますます加速しそうな流れ。
以前もディズニープラスのニュースでもコメントしましたが、コンテンツホルダーが強い時代だと感じます。
強いIPを持っていればサブスク、テーマパーク、映画など様々なビジネスを展開できます。
ネットフリックスの後発とはいえ、強いIPを持っているからこその追い上げが凄まじい。
今後はテーマパークやあらゆるところでのユーザータッチポイントをもって、併せ技でサービスを広めたり、Amazonのような価格の低減など様々な展開が可能なので今後が楽しみです。
コンテンツ系サブスクの会員数のグラフが興味深い。
Disney傘下の3サービスを合計すると1.26億人となる。細かく見ると、AppleはApple Music入れるともっと大きくなると思うのと、Apple Oneでこれから拡大させる方針だろう。そしてYouTube Premiumはあまり上手くいっていないというか、別のポジショニング(GoogleのBtoCの「顧客から金をとる」モデルはソフト・ハードともにあまり上手くいかない)。
Spotifyの時価総額が約5兆円、そのうちどこかに吸収されるか、それとも独立独歩で行くか。Netflix23兆円、Disney25兆円で、これらは音楽ではないのでサービス的な重複はない。
世界の話だと規模が大きすぎてイメージしづらいですね。ただ、国内の話だとスケールが急に小さくなって、ショボくなってしまいます。Netflixの『クイーンズ・ギャンビット』が最近はすごかったですが、ああいうドラマを日本発で世界に問えるのはいつになるやら。悩ましいところです。。
サブスクでは、Netflixの圧勝ですね。

容易に想像できますが、ディズニーアニメばかり毎日観たい超コアなファンな極めて少ないはずです。

アニメもあればドラマや映画、独自コンテンツも揃えたNetflixの方が多くの人達にとっては便利です。

ディズニーの株価上昇は、あくまでテーマパーク再開によるものでしょう。
ディズニーといい強烈ブランドとコンテンツ。
時価総額26兆円もあれば三番手あたりのプラットフォームすら買収できる。
ブランドが失墜した時がピンチ、そのリスクマネージメントに法律顧問料含め多額の費用をかけて維持しているのでしょう。
ネットフリックスやディズニープラスがコロナの影響で
有料会員が増えています。

私もつい先日どのくらいサブスクに入っているのか
見直す機会があったのですが、仕事で使う
サービス以外はネットフリックスやディズニープラスがメインでした。

特にディズニープラスは今後ますます会員数を伸ばしていくだろうと
思っていて、私もコロナ禍で映画館で上映できなかった
「ムーラン」という映画を子供たちとディズニープラスにさらに
30ドル課金して観ました。

TDLをはじめ世界各地のテーマパークが人数を減らしたり
閉鎖している中、動画コンテンツにも参入してきている
ディズニーに目が離せなくなりそうですね。
ディズニーの株価は時価総額は2464億ドル。ネットフリックスは2133億ドル。ただこの2社を比べると圧倒的にディズニーが強いと思う。最後はIPが競争力の源泉。ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、Fox (アバター、デッドプール、ザ・シンプソンズ)など圧倒的!
ついこの間までディズニーを越える組織が現れるなんて誰が想像しただろう。サブスクリプションと言う新たなプラットフォームの出現以外のナニモノでもない。新たな潮流は新たな潮目と共に現れる。
文章は前年同期比でコメントしてるのに、グラフは四半期ごとに並んでるから、隣にあるのは前四半期のデータ。シンプルに比べてるものが隣にないグラフは見づらくてしょーがない…

んでもって、ディズニーは、直近の四半期で、2020 4-6から2020 7-9で売上は回復してるのに営業利益は減ってます…なぜ…?

というわけで、そのあとの内容が入ってきませんでした…
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。

業績

Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
26.5 兆円

業績