新着Pick
129Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ハリー・スタイルズはグッチのミケーレと出会って、本来持っていた彼独特の感性が解放されていったという印象です。
パール、ドレス、「タッキー」(野暮なのが素敵)、こうした要素を社会的な色眼鏡なしに着こなせる感性が彼の中にあって、それらと響き合っているからこそOKになっている。

こういう要素と響き合う感性が、そもそもない人は、男であれ女であれ、着たってサマにならないものです。ドレスがしっくりこないという女性もいる。スーツがしっくりこないという男性がいるのと同じように。

本当の意味での、個人の多様性に目を向けさせているという意味で、ミケーレやスタイルズの挑戦(というほど力んでいないのがまたいいですが)を評価したい。
「男らしい」格好、「女らしい」格好ってそもそもなんだろうと思うようになりました。そんな中、ハリースタイルズが所謂「男女」の枠を超えて、色々なレッドカーペットのイベントで自由にファッションスタイルを楽しんでいてかっこいいな、と思います。
こういった感性が定着するとメンズファッションは更に面白くなりますね。
定着することにより、ミリタリーやワークといった男臭いファッションも逆注目されることになるので、多様性や個性の発揮がより活発になると思っています。

今の西洋流のファッションは歴史もあり、欧米では男性が女性っぽい格好をするのは日本以上にギョッとされます。ピンクを着ただけで”men in pink”というまるで新しい価値観のような言葉すら生まれます。
そういう意味ではハリー氏の装いはある意味勇気の象徴としても捉えられており、ファッションにおいて自己表現をするということを改めて考えさせられるのではないでしょうか。

個人的には記事にもあるアクセサリーからジェンダーの壁が消えていくと思っています。
男性がパールのアクセサリーをつけ始めたのと同時に、女性のアクセサリーデザインの幅が男性物とは比べ物にならないほど豊富に存在するという事実を改めて認識しました。
特に個人的に気になるのは、曲線の多さです。モチーフに意味を持たせようとする男性アクセサリー文化と違い、感覚的な美しさを大事にする女性の物のアクセサリーは、見ていてとても楽しいなと感じています。
自然体でかっこいい。社会受容性を感性で広げていく、文化の役割の大きさを感じます。
ハリースタイルズ、ハスキーボイスもさること
ながら、ウォーターメロン シュガーは笑いました。
スタイルが有りますね。
スカートと言うより、スコットランドのキルトみたいで、
セクシーさが流石です。
女性的な服を着る自由。男性的な服を着る自由。

まさに多様性の時代。

いつの時代も、コンデナストが社会の変化をいち早くキャッチし、発信している。

これこそがモードです。
カッコいい!もちろん着こなし力もあるとは思いますが、着たいものを着る、がもっとしやすい社会になるといいなと思います

業績

関連記事一覧
仕事が出来る人は、自分自身のヒアリングが出来ている!【マーケティング、フリーランス、副業】
山印社|定額制(サブスクリプション型)Webサイト・ホームページ制作サービス
10Picks

あのブラジル人J戦士のいま【第1回】ビスマルク――「自分のような選手を助けてあげたかった」
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
5Picks

マリノスに緊急加入のGK高丘陽平がチーム練習に合流「ここで結果を出すことが自分の未来を作っていく」
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
3Picks

新卒1年目の挫折。未来を拓いた大きなカギは「できない自分」を認めることだった
PR Table
3Picks

独り暮らしの50代、その心の内 - 大人が自分らしく生きるためにずっと知りたかったこと
Diamond Online
3Picks

マンUのGKデ・ヘア、守護神争いに自信。「自分自身を信じている」
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

南野拓実が約1年ぶりの日本代表で感じた課題。「自分たちの攻撃はいつもより少なかった」
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

自分の人生は 実は自分で選べない - 哲学と宗教全史
Diamond Online
2Picks

池江璃花子「いまのこの髪の毛、この自分自身に誇りを持ってる」 動画メッセージ公開 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ
スポニチ Sponichi Annex
2Picks

貴景勝、ぶつかり稽古再開 7月場所へ「自分らしい相撲見てもらえるよう頑張る」
毎日新聞
1Pick